おいらの人生これから、こらから・・持病に負けず、老いにも負けず・・リタイヤ爺の独り言

シーズン開幕


3月25日十勝の三つのコースがオープンした、生憎そんな時に予定が立て込んでおり、3月27日の今日、おいら達夫婦はシーズン初日を迎えた。

朝6時の気温はプラス2度、スタートは10時半、たぶん6度ぐらいまでは上がるだろう、でも今の外の景色は霜が降りて真白、でも気持ち的にはやる気満々で会社に来てはいるが心はもうホームコースへ。

ところで昨年シーズン終了まじかにゴルフバッグを新調したのだが、やはりどう見ても齢66のおいらにとっては若すぎる感がぬぐえず入れ替えることに。

で、年寄り感漂うじみーなバッグに。

20170319_213302.jpg


すると奥方も相乗りをかけてきた。

20170319_213328.jpg


で、例のバッグは札幌の息子のもとへ。

20161027_183626.jpg


さぁーて、4年目に入ったおいらのゴルフライフ、今年はどんな事になるやら。








待ちきれない


そう言えば先月、帯広市畜産物加工研修センターと言う所にチーズ作りの研修に行ってきた。

チーズ0
当日は雪に埋もれていたので、夏はこんな感じ。

このセンターは、帯広市における畜産物の付加価値を高めるために必要な加工技術及び製品の研究開発並びに研修等を行うことにより、畜産の振興と農業経営の安定に寄与することを目的として、「公社営畜産基地建設事業」により、昭和60年に建設された市営の施設だ。

それで月に何度か施設を利用して、一般市民やサークル、団体を対象にソーセージ作りやチーズ作りを体験することが出来る研修会が行われている。

おいら達夫婦はその中のチーズ作りを体験させて頂いたのだが、事前に予約が必要で先着20名までとHPに記載されていたので、結構な参加者で行うのかなぁーなんて思っていたのだが、当日の参加者はおいら達夫婦だけ、そんな訳で貸切状態でのんびり牛乳からチーズが出来るまで担当員さんの丁寧なご指導を頂きながら5時間の貴重な体験をさせてもらった。

チーズ01

チーズ02


出来上がったチーズは、圧搾機にかけ一晩置き、翌日も研修の残りとチーズの受け取りがあるので、結局、片道車で1時間の道のりを二度も往復と相成った。

チーズ03


家に持ち帰った出来立てほやほやのそれは、おおよそ2カ月間我が家の冷蔵庫で熟成と相成る、とりあえず一か月は均等に水分を抜くために毎日天地返しをしなければならない、で、雑菌が着かないようにプラスチックグローブを装着して、優しく優しくなでまわし、くるんであるタオルも毎日取り換えているだ、おいら待ちきれなくてちょいと削って食ってやろうかとも思うのだが、そのたびに奥方に即制止され、まだどんな味わいなのかはわからない。

チーズ04



HbA1c 8.3の恐怖


もう一度おさらいしてみよう。

血糖値が160~180mg/dLを超えると尿中に糖が出てきて、血糖値が上がるにしたがって腎臓が大量の糖を薄めるために余分な水分を排出して、尿を過剰に作るようになるので、大量の尿が頻繁に出るようになります。そして、尿が大量に出ると、とてものどが渇くようになります。また、カロリーの多くが尿で失われるので、体重が落ち、強い空腹感を感じます。排尿の増加とのどの渇きははじめのうちは軽度ですが、数週間あるいは数ヵ月を過ぎると徐々に悪化します。そして、疲労感、眼のかすみ、眠気、吐き気、運動持久力の低下といった症状が出ることがあります。

血糖値が高い状態が続くと、細い血管が詰まったり、血管から物質が漏れるようになります。すると、糖尿病の三大合併症と呼ばれる糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症の危険性が高まります。これらの合併症は、手や足などの末梢神経や網膜または腎臓の細い血管に障害が起こることによって発症するので、「細小血管症」とも呼ばれます。

また、血糖値が高くなると全身の太い血管の動脈硬化も促進されるので、心筋梗塞、脳梗塞、下肢の閉塞性動脈硬化症などを発症することがあります。太い血管に障害が起きて発症するので、大血管症とも呼ばれます。

実際に、糖尿病の人は糖尿病でない人に比べて動脈硬化が起こりやすく、「糖尿病」と診断される前から始まっているという報告もあります。そしてさらに糖尿病が重症化すると、意識障害や糖尿病昏睡などのより重い合併症を発症する場合もあります。多くの場合、これらの合併症は自覚症状がないまま進行するため注意が必要です。

脳梗塞…麻痺や失語などの後遺症を残したり、介護が必要になったり死に至ることも
心筋梗塞…強い胸の痛みがあり、死に至ることも

糖尿病網膜症…視力が低下し、最終的に失明することも

糖尿病腎症…腎機能低下や腎不全を起こし、透析が必要になることも

糖尿病神経障害…足や手にしびれや痛みが起こり、壊疽を起こして切断しなければならなくなることも

感染症にかかりやすくなる/傷が治りにくくなる/歯周病が悪化する/排尿障害/ED(勃起障害)

患者さんのための糖尿病ガイド
http://www.dminfo.jp/pc/basic_info/nigata.xhtml


正月のおせちに始まり我が家は空前のご飯ブームが先月まで続いた。

おかげさまで血糖値もうなぎ上り、で、今月初めのいつもの診察で、ついに血糖値の指標であるところのヘモグロビンA1cが8%の大台に、ドクターもムムムと渋顔、さすがおいらも、ちょいとやばいかなぁーと・・

ほっとけばEDの可能性も、まだ大丈夫だけどちょいと怖い、でもなんだかんだ言っても、もう、使用の機会も無い感じなので恐れるには及ばないが、朝の目覚めが無いのも男としてはちょっちね・・

兎に角、又糖質制限の日々が・・


20170307_092321.jpg






嬉し悲しのシーズン到来


昨年の台風でおいらの遊び場が2つ消えた。

ここは、こんな素敵な池があった遊び場、パブリックなのでもちろんお財布にも優しかった。

a1dd9a3bacfb7fcb1aa95ee4de2542a4-600x531.jpg

pond02.jpg

無題1


そしてもう一つ、昨年、土日はほとんどここで遊んだ、台風の後もカートを捨てて歩きで頑張ったのに・・

トマム22-5

トマム



ただホームコースは被害なしで、支配人もやる気満々、スタッフも真白なコースに融雪剤をこれでもか!っていうぐらいに播きまくり、4月初めにはオープン予定。

20100617 008

hp1 070



それと嬉しい事に近場の河川敷コースは復活が決まり、まず練習場の造成が終わりもうオープンしとる。.

無題



で、コースも9月オープン予定で今からわくわくしておる。

20160831_170437.jpg
台風直後のコース

riba-.jpg





た・す・け・て・・・


今日は沖縄へ出発の日、で、当然遠足前の児童の如くおちおち寝てはいられない、朝4時目が覚める、準備は前日完ぺきにこなしているのでさしあたってすることが無い、暇なのでとりあえず一服でもとパジャマのまま玄関ポーチの野外喫煙所に、春近しと言えども北国の朝4時は真っ暗でちょいとさぶい、玄関前の寒暖計はマイナス16℃、なのでこの姿でここに滞在できるリミットは5分が限界か。

マイナス16℃下ではべつにタバコを吹かさなくても吐く息は真白である、ま、そんな事を考えていたんではタバコを吸う意義が薄れてしまうので、朝一の新鮮な大気の中に不健康な煙と白い吐息をミックスさせて吐き出し、心を和ませる。

スリッパで出てきたので足のつま先はもう限界だ、中に入ろうとドアを開けようとしたのだが開かない、おっとオートロック機能が働いたままだ、其れではピッポッパとボタンを押しノブを回す・・開かない・・

えーー、暗証番号が違うってか、でもほかの番号が出てこない、まだ寝ぼけているのか、それとも認知の機能が衰えたのか、予備キーは家の中、それにそれにたて立て続けに3回間違って番号を押すと暗証番号は無効になり内側からでないと解除できない。

densikagi.gif

いつもはこんな日おいらより早く奥方は起きてくるのにまだその気配がない、チャイムを連打してみても応答がない、それもそのはず奥方の就寝場所は二階だ、チャイムは一階のリビングしか鳴らない、さぶい、どんどんさぶくなってきた、そうだ車庫に合鍵が・・でも車庫のカギも家の中だ。

窓は・・おいらの寝室のベランダの窓、耐寒構造の二重引き戸でガッッリ施錠を施してある、我が家の基礎は地上から1mぐらい立ち上がっている、そのため窓と言う窓はおいらが手を伸ばしても届かない位置にある、そして奥方が寝ている二階にも上るすべがない、そう言えば先日奥方が車庫の雪を落とさないと軒下のツツジが落雪で折れてしまうのでハシゴが欲しいと言って、コメリ行きをせがまれたのだが、君子危うきに近寄らず、老人の雪落とし作業中の落下事故が頻発している昨今、大事な奥方を危険な目にあわせる訳にはいかないと説得、ましてや身障者手帳下肢4級を頂いているおいらにハシゴ上りの芸当は無理、そんな訳でハシゴの購入はご遠慮い頂いたのだけど、あの時・アルミス・アルミ伸縮はしご・3.2m・ を買っておけば就寝中の奥方のいる二階のバルコニーにハシゴを伸ばし、決死の覚悟でそれを上り、ロミオよろしく窓ガラスを奥方の機嫌を損ねない程度にノックして起きてもらう事も可能だったかもしれない、でもハシゴもやっぱり車庫の中にしまうので結局は無理。

ご近所さんはまだ就寝中、近所付き合いもそんなにないし、パジャマ姿で助けを求めるのも恥ずかしいし、ましてや今後の町内のゴシップ話で盛り上がられるのも癪だし・・

で、ハマちゃんなら8時就寝3時起床なのでとっくに起きているはず、なので助けを乞えそう、でも、ハマちゃんの家までここから最短距離でも2000mはある、パジャマでスリッパで気温マイナス16℃の夜道、辿り着く前に凍ってしまう、ああエルサならどんなにしばれても平気なんだろうなぁなどと一人ごちる、もうさぶくて思考もどんどん変な方に。

そんなかんなと考えを巡らせている間にも30分も経ってしまった、パジャマでの対寒リミットはとうに過ぎている、気づいたら手足の指先に感覚が無い、これはやばい、相当にやばいよ、どうしょうなんか眠たくなってきた、眠ったら終わりなんだけど66年の生涯をこんな形で幕引きなんて、なんてこった、もう体も動かないし声も出ない、眠たい、遠くでサイレンが鳴っている、た・す・け・て・・・



ん、サイレンかと思ったら目覚ましじゃん、それにしても鬼気迫る夢だったな。



(解説)
先日我が家の玄関ドアのノブが、長年の酷使により消耗し買い替えを迫られているのだが、どうせなら今流行りのかっこいい暗証番号式玄関錠に替えようかと話が進んでいる最中、で、そんな・暗証番号式玄関錠・繋がりでこんな夢を見たのだと思う、で、これも何かの啓示かも、そんな訳で暗証番号式玄関錠はやめて従来のレトロな玄関錠にすることに・・





全記事表示リンク

全ての記事を表示する

中高年よ大志を抱け
クラーク02
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ばく

Author:ばく
獏(ばく)は、中国から日本へ伝わった伝説の生物。人の悪夢を喰って生きると言われてます。どうぞ悪夢を見た時はここに来て「この夢をばくにあげます」とコメントして下さい、そうすれば貴方は、その悪夢を二度と見ずにすむ事でしょう。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

参加してます。
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
のぞき部屋
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
言葉は力

presented by 地球の名言

         
ばくの本棚
TOEICボキャドリル