おいらの人生これから、こらから・・持病に負けず、老いにも負けず・・リタイヤ爺の独り言

リハビリゴルファーin宮古島・その1


きっと暖かいべなぁ~

期待を胸に降り立った宮古島、なーんも暖かくない、というよりちょいとさぶい。

日本全国しばれた月曜日、ここも例外ではない、飛行機はどの便も遅れ遅れで、宮古空港にたどり着いたのは18:30、それから小っこいレンタカーに乗って早々にコテージへ、夕食を食べる時間が無かったのでちょいと寄り道、空港近くには、なんとマックスバリューがそれも結構大きい、総菜コーナーで寿司とおかずとオリオンビールを購入、そして20:00、島の端にあるオーシャンリンクスのコテージ「ヴィラボーラ」にチェックイン、こうして初日のディナーは二人寂しくコテージで。

オーシャンリンクス06

2日目は朝からラウンド、さすがリンクス、風が強い、なんと風速10m、ティアップした球がころころと、ひ弱なおいらは立っているのが精いっぱい、それにさぶい、気温は12℃、で、二人とも股引履いてユニクロのダウン着用、挙げ句前日雨が降ったとかでカート乗り入れ禁止、でも4カ月もドライバーを振らなかった割に第1打目は強風に乗っていい感じに。

意外と平坦なコース、おかげで歩きでも足にそんなに負担がかからずなんとか18ホール回りきった、で、スコアーの方はリンクスの風を楽しめたと言う事で、此れで良しと言う事に、ちなみに奥方より15打ほど多く楽しんだ。

オーシャンリンクス02


午後からは車でドライブ気温は18℃くらいに上がり道産子にとっては春の陽気、でも風は強い、夜はコテージ備え付けのジャグジーで露天風呂気分。

プール01


ちなみにプライベートプールは冬季に付き使用禁止。

プール02


3日目も同じコースにてリベンジ、風もまあまあ朝の気温は14℃、まださぶい、前が4サムのグループだったのでのんびりゴルフ、あちこちでクジャク君が芝のメンテナンスをしている。

オーシャンリンクス05


この日は、スタッフに障害者であることを強調し、赤旗を立ててもらい、堂々と旗をなびかせながらフェヤウエイの中をカートで走り回る、で、本来のゴルフスタイルに戻ったおいらは、OBはもちろん砂遊びも無し、ただ慣れていないコチコチの高麗芝のグリーンでは3パットの山を築き、またまた奥方より10打も多く楽しまさせて頂いた。

シギラベイカントリークラブ010

お昼頃には気温もやっと20℃くらいになり、海沿いをドライブ、この日のディナーはちょいとお洒落な所にと思っていたのだが、肉ダメ、島食ダメ、酒ダメ、の三重苦を背負っている奥方が同行なので、レストランにも、居酒屋にもお気に入りが見つからず、またまた宮古市内のマックスバリューに駆けつけ、1パック600円のお寿司の盛り合わせを。

オーシャンリンクス07


夜は奥方が、すっかりお気に入りのジャグジーで疲れた体を癒す、―20℃の十勝の夜に比べたら、15℃の南国の夜風は裸でもOK、それに日増しに暖かくなってきている、明日からはシギラベイCCだ。




レッツGO


朝3時目が覚める、年寄りとすみ分けされてから2年、でも年寄りだから早起きしたのではない、今日は南の島への旅立ちの日だ。

これじゃまるで遠足当日の小学一年生みたいだ、あの時みたいに興奮して寝てられない、いやいやそんなに興奮している訳じゃない、でもちょいとそうなのかも・・

こんな気持ちはおいらだけじゃ無い、奥方ものそのそ起きてきた、準備は昨夕完ぺきに終えているので暇だ、しょうがないので風呂に入ることに、それでも暇なので5時に朝食をとる、で、まだまだ暇だ、と言う事で出発までにちょいと早いが車のエンジンをかけにガレージへ、なんせ外の気温は-23℃、30分ぐらいアイドリングしなくちゃ空港までの道中さぶくてしょうがない。

予定では7:30に自宅を出発、8:00に帯広空港着、羽田に飛び立つのは9:15、羽田着は11:00、那覇行きの飛行機に乗るのは13:15、那覇着が16:10、それから宮古島行きに乗り換えて空港には18:05着、それからレンタカーを借り島の端っこのコテージまで1時間、寝床にありつくのは20:00、北の端っこから南の端っこまで片道2,700km、なんでそこまで行かねばならんのか、なんでそうまでしてゴルフがしたいのか、それは氷点下23度の雪の中に埋もれて北国に生きる、じじばばの、ない物ねだりなのじゃ。

で、北の国から南の島に行くのはゆるくない、千歳からグァムなら7時間もかからない、それに飛行機もでかいし空港からホテルも近い、宮古になると帯広発は飛行機がちっこいし、宮古行も同じ機種なので障害者としてはちょいと窮屈、いつもは足の伸ばせる最前列とか非常口横の座席をチョイスしていただいておるのだが今回はどうか・・・

おいら的には、せめてビジネス席で足を伸ばしたいのだが、なんせ3月には鹿児島での合宿も控えておるので、我が家の大蔵大臣の締め付けも厳しく、オールエコノミー席での旅に甘んじなければならない。

兎にも角にもこうしておいら夫婦のゴルフ合宿の旅は始まる

oa1500_02.jpg







心配事


来週から1週間ばかり家を空けるのだが、この子達がちょいと心配だ。

先月の前半までこの子達は、コーラーの1.5ℓボトルでお家を作り、一本づつ育てていた。

2018・2・01


でもあまりにも培養液の減りが早いので、大きめの発泡スチロール箱を改造し、みんなで仲良く暮らせるようにした。

t05.jpg


それにもう実が付きだし、水もよく飲む。

t02.jpg



はたしてこの容器で一週間持つだろうか、遊びに行くのに、忙しく働いている共働きの息子夫婦に、補充を頼むのも気が引けるし、自動補充装置を作っていればよかったのだがもう間に合わないし。

子供たちよ、おいらが帰ってくるまで頑張っていてくれ。




明日はイブ


もう鬼も笑わないと思うのだけど、来年の2月、69回目の札幌雪祭りが開催される。

s-h_main.jpg


開催期間は2月5日~2月12日まで、これはメイン会場となる大通公園。

で、子供たちが大喜びする雪の滑り台が作られている真駒内は2月1日からオープンだ。

photo_116a.jpg


南国の人達には、このくそ寒いお祭りが大人気で、日本全国や海外からおよそ200万人もの観光客が集まる。

web_ImageView3 (1)


で、巨大な雪像に鼻を赤くし鼻水を垂らしながら歓喜の声を上げ、大小入り乱れて林立する巧みな氷像、雪像に驚き、無数に立ち並ぶ屋台で札幌グルメを堪能する。

web_ImageView3.jpg


ま、北国の楽しみ方としては其れもありなんだが、道産子のおいら夫婦にとってはあんまり楽しい事ではない、それに正月明け早々にはサロマでのチカ釣りもあることだし、この行事も寒さとの闘いだ・・・

と言う事で雪祭りの開催と同時においら達夫婦は南の島に旅立つことに、今回は事前の準備が早かったため帯広空港発着、雪祭りでごった返す新千歳空港からのお出かけでないので初日からストレスゼロ、ただし全便エコノミークラス、これが不安と言えば不安・・。

滞在先は沖縄の向こうの宮古島、7日間びっちりのゴルフ三昧、ま、体が持てばの話だが、予定では先に沖縄にて一か月ステイの独身貴族なゴル友のばーさんも、島に呼び寄せてプレイするつもりじゃ。

100808187.jpg

7日間のうち3日間は島のはずれのコテージで過ごし、残りはシギラリゾート内の、ホテルを出ればすぐに1番ホールが・・みたいなお宿で。

100758936.jpg


でもその前に年越しの準備が、会社ではおいらのお仕事は皆無で、すれば邪魔だと追い払われる、なので年越し準備は我が家だけ、でもそれが結構大変そう、本日奥方から頂いた大掃除の割り当て表によれば結構ハード・・・・・






春まで待てない


一昨日10日ぶりにラウンド、日の出前は-10℃だったが、昼になり気温が6℃に上昇、風も無くぽかぽか天気、もうクローズしたかと思っていたゴルフ場、試しに電話をしてみたらまだ頑張っていると・・

それではと、急遽しまいかけていたゴルフバックを引っ張り出し、オーバーズボンにセーター、毛糸のスキー帽、そしてユニクロのウルトラライトダウンを羽織っていそいそと出発。

コースに出ると所々に雪が、そちらへ打ち込むと球が白い雪と同化して探すのに大変、で、奥方は黄色、おいらはオレンジの球に・・

IMG_20171204_150200.jpg


なにもこんなになってもと思うが、今シーズンは諦めていたのでなんか儲けた感じで二人のテンションマックス、雪のないフェヤウエイは凍ってカチカチ、まるでカート道に打ち込んだ時みたいに転がる事転がる事、100ヤード飛ばせば50ヤードはランする。

IMG_20171204_145635.jpg


でも大変なのはティーグランド、カチカチでティが刺さらない、で、木槌とピックが置いてある、まずはそれで穴をあけてからティを差し込む、これも又北国ならではのゴルフスタイル・・

IMG_20171204_145852.jpg


グリーンも、もちろんカチカチ、アプローチもドーンと上げたいところだがグリーンに落ちたら大変、.マジックボールみたいに跳ねて跳ねて玉は遥か彼方へ。

ま、この時期ドライバーを振り回せただけでもありがたい、南国のゴルファーにも、一度この楽しいゴルフを味わって頂きたいものだ。

そして昨日、ここ十勝も完ぺきな冬がおとずれた。

P1010667.jpg

P1010666.jpg








全記事表示リンク

全ての記事を表示する

中高年よ大志を抱け
クラーク02
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

ばく

Author:ばく
獏(ばく)は、中国から日本へ伝わった伝説の生物。人の悪夢を喰って生きると言われてます。どうぞ悪夢を見た時はここに来て「この夢をばくにあげます」とコメントして下さい、そうすれば貴方は、その悪夢を二度と見ずにすむ事でしょう。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

参加してます。
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
のぞき部屋
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
言葉は力

presented by 地球の名言

         
ばくの本棚
TOEICボキャドリル