おいらの人生これから、こらから・・持病に負けず、老いにも負けず・・リタイヤ爺の独り言

あの頃、君を追いかけた( 那些年,我們一起追的女孩)


先日、GYAO!の無料映画でこんな題名の映画を見た、台湾映画なのだが、ヒロインの可愛らしさについつい引き込まれて最後まで。

001.jpg


17歳の頃、と言ってももう50年前の昔の事なので、あの頃誰を追いかけていたのかはおぼろげなのだが、確かに誰かを追いかけていたのは間違いない。

この映画は17歳の少年少女たちの青春を、ヒロインが結婚するまでを描いたもので、ヒロインに恋した五人の少年は結局このヒロインとは結ばれなかったわけだが、青春時代の純な友情と恋心が、世間の荒波に揉まれ、濁りきった68歳のじじいの心をちょいとだけ澄ましてくれた。

今、こうして歳を重ねてくるとおいらの時間は過去形で、それに引き換え若者達の時間は未来形だ、ま、おいらにもそんな時があったのだから、それが羨ましいとは思わないが、このままじじいのカテゴリーに閉じ込められてしまうのもちょい悔しい。

年寄りの残された時間、若者のこれからの時間、どちらも分け隔てなく同じ感覚で刻まれていく、又、人は遅かれ早かれ分け隔てなく死んでいく、命あるものは必ず死ぬ、この世の中で唯一平等なのは命だけだ、なので年寄りの時間も、若者の時間も、共に残された時間と言っても良いのではないだろか。・・

なんか訳の分ら無い話になっちまってきているが、要は残された時間、いや、これからの時間の事だ。

あの頃君を追いかけた、青春時代は是非、君を追いかけてほしいものだ、今おいらが君を追いかけると、やれ痴呆だとか、色ボケだとかで、ちょいとややこやしくなるので自制しなければいけないが、それでも何かを追いかけたい、夢見るじじいは決して恥ずかしい事ではない。

なので今もおいらは夢見る爺だ、それは決して痴呆の奔りとかそんなのではない、あの17歳の頃の純粋な夢と大差ないものだ、だから赤ちゃん返りでもないから静かに見守っておくれ。

ところでおいらの夢って・・

それは、ひ・み・つ。


大変! 北海道ブラックアウト



我が家でも、先日の午前3時から29時間たった今もなお停電が停電が続いております。

先月冷凍庫の故障で、中の食品を全部廃棄したばかりなのに、買い替えたばかりの冷凍庫とは言え電気が無ければただのごみ箱、それどころかメインの冷蔵庫の中身もほぼ全滅、なんていう日だ。

救いは今日の午前2時に会社の電気が復旧したこと、でも昨日と今日は已む無く休業、これにより被った損害計り知れず、北電さんよどうしてくれるんじゃ。

地震の方は震度4ぐらいだったので十勝は停電以外は被害なし、道央方面では亡くなられた方も多数おられるので、あまり被害者面も出来ない、こんなことになって、如何に電力に依存しているのかがよーくわかった、ガスはあるのにコンロは使えない、灯油は満タンなのにボイラーは動かない、新型のトイレは水があるのに流せない、いつもリモコンで開閉する車庫のシャッターも手動で動かすのはゆるくない、考えてみると我が家の90%は電気に依存していた、そんな中でも水は潤沢に出るのは幸いだった。

と言う訳で、試しにホームに電話してみた、なんとやっておる、で、昼から1ラウンドのリハビリ、不謹慎だろうか・・




戯れ言


浮雲翳日な今日この頃、消えて行くのは親分の悪行を忖度と言う名の元で画策し続けた木っ端役人。

放佚無慙なつれ添いの尻拭いも手下に押し付けて、手下の悪行は己の知らぬところ所と不愧天地を決め込む大親分。

はたまた奸佞邪智の悪代官は、全ての責任を下級代官に押し付け腹を切らせ、その又下の役人は意に沿わぬ、加担した悪行に情を狂わせ首を吊る。

事の発端となった本人たちは未だ牢獄に繋がれ、猿ぐつわをかがされたまま抹殺されようとしている、きっとこれも、江戸町奉行の忖度なのだろう。

おいらの独言は、みな瓦版やら時局絵からの知識からなので到底真実からは程遠い脚色ものなのだが、所詮親分ありきの庄屋の作る瓦版、そんな中から拾った浮世の出来事、おいらの駄弁じゃ虱一匹殺せない、所詮平民にはあずかり知らぬ江戸のお城の茶番劇。

さあ今日はどんな茶番が報じられるのか・・・

シギラベイカントリークラブ06







優勝から一機にBB賞へ


日曜日のラウンドから我が奥方復調のもようで、18ホールを回っても体調は崩れず、そうなると俄然やる気が出てきたのか、月曜、火曜と3日連チャンのゴルフ場巡り。

で、昨日は白樺カントリークラブでなかよし会の例会、奥方病み上がりにしてはまあまあの成績、おいらと言えば左足上がりの登山コースに3番ホールあたりから早ギブって惨憺たる結果に、前回の例会ではこの回参加で、初の優勝に輝いた、で、今回はと言うと、賞は取るには取ったのだがBが二つ並んだ賞なので余計に足首の痛みが増す結果に。

今日は奥方、朝から健康診断のため病院へ、これは予定の行動で息子が社長になってから、役員、社員全員に課せられた行事で、たとえ非常勤の奥方でも例外は認められない、唯一例外とされているのはおいら、なにせ毎月レントゲンと血液検査をしているので、都度健康診断をしているようなもんで。

奥方たぶん昼頃には帰ってくるだろう、帰ってきたら昨日のリベンジマッチをホームコースですることにしよう。


税務調査官さんいらっしゃーい


そう言えば今月初め、5年ぶりに税務署さんが遊びに来てった。

元国税調査官が語る!税務調査に選ばれてしまう理由とは!、あるサイトでこんな記事があったが、中小企業で税務調査を受ける確率は100件に5件の割合だそうな、おいらの会社はつど其の5件に選ばれているのか。

又は30年前の重加算税がまだ忘れられていないのか、5年前、そしてその又4年前は修正0で1円たりとも追徴されていないのに。

おいら思うに昔はともあれ、近年こんな健全会計な我が社に来るのは、税金の無駄使いではないのかと。

昔は税務署さんが遊びに来ると胃がキリキリと痛んだものだが、社長職を辞した今は何も怖くない、っていうか税務署さんのお相手は税理士と社長さんに丸投げ、で、おいらの気持ちは軽くて何処かへ飛んで行きそうなくらいだ。

で、今回は前回の上席調査官とはうって変わり、ペーペーのお嬢さん調査官、査察内容も上司から頂いてきたマニアルをチラ見しながらなので、こちらも懇切丁寧お答え、それでも突っ込み所を必死で探すその姿はとても可愛い、挙げ句の果てには母親が作ってくれたような昼弁当を持参し事務所の片隅でしっかり食っていたぞ、今までの調査官は必ずお昼になると一旦引き上げるのだが、こやつはどういう神経をしているのか、どう見ても図太い神経を持ち合わせているようには見えない、彼女本当にお嬢さんかも知れない。

本来、新米調査官の方が要注意らしいのだが、火の無い所から煙が出るはずも無く、ましてやおいらが完全に経理から手を引いた今(・・;)、修正事項も皆無な訳で、お持ち帰られた資料を後方で操っている上司に仰いでもチャンの付け所も無く「今回もおとがめなしと言う事で」みたいな感じで早々に調査終了の連絡が。

兎にも角にも今回もおとがめなし、これで3戦3勝、で、税務署さん、こんな調査成績の上がらない会社、そろそろ諦めては・・

なんちゃって



フリーエリア
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

中高年よ大志を抱け
クラーク02
プロフィール

ばく

Author:ばく
獏(ばく)は、中国から日本へ伝わった伝説の生物。人の悪夢を喰って生きると言われてます。どうぞ悪夢を見た時はここに来て「この夢をばくにあげます」とコメントして下さい、そうすれば貴方は、その悪夢を二度と見ずにすむ事でしょう。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

参加してます。
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
のぞき部屋
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
言葉は力

presented by 地球の名言

         
ばくの本棚
FC2ブログ