おいらの人生これから、こらから・・持病に負けず、老いにも負けず・・リタイヤ爺の独り言

間抜けなお買い物


久しぶりにゴルフの予定が無かった先日の日曜日、奥方某スーパの特売品ゲットに意欲を燃やし朝から張り切っていた。

スーパーの特売企画に朝市、夕市なるものがあり、朝市は9時から12時、夕市は2時から6時まで超お買い得品が販売されるのだ。

その中で奥方のねらい目は、朝市の卵1パック98円、そして夕市では雪印バター298円だ。

チラシ


奥方、土曜日に事務の〇美に特売品ゲットのレクチャーを受け、狙いの商品はおひとり様一個限りなので、旦那同伴で2個手に入れられるとか、人気商品につきタイムセールの始まる10分前には特売品をかごに入れて置き、時間が来たらレジに行くこととか、最新の主婦の知恵を授かる。

特にバターについては、マドレーヌを作るのに一回一箱を使うので、どうしても手に入れたいらしい、それも雪印でなければだめだと言う、普通では400円ちょいとするので今回のこの価格はたいそう魅力的なんだそうな、しかも特売数量は2店舗合計・先着300個限定、と言う事は1店舗あたり150個、そりゃー奥方、力も入るわいな。

と言う訳で8時40分にスーパーの駐車場に着いた、なぜか駐車場に車はぱらぱらで、ドアも締まっている、変だなーと思いドアに書いてある開店時間を見ると9時30分、奥方「時間違ったかも」と、それに9時30分には別な用事のため町まで行かなければならないので、朝市の一パック98円の卵は泣く泣く諦めることに。

用事が終わり一旦我が家へ帰る、奥方置いてあったチラシを確認、やっぱり朝市は9時からと、どうやら日曜は9時開店らしい、奥方ガックリ。

で、ちょいと早めの昼飯を食べそのままお昼寝タイム、ウトウトッとしたら起こされた、夕市の時刻だと言う、〇美に教わった通り時間前に行ってバターをかごに入れておくと頑張る奥方。

スーパーの駐車場はまだがらがらだ、こんな良い天気、普通の家族なら行楽に出かけて買い物どころでは無いな、などと思いながら店内に同行する。

予定通り特売前のバターをゲットし買い物をしながら時間をつぶす、2時になったので特売札がセットされるのを確認するため再度コーナーへ、売り場は依然として変わらない、5分過ぎても10分過ぎても変わらない。

奥方しびれを切らして「夕市はまだですか」と店員さんに尋ねる、すると店員さん「夕市は2時からです」と、奥方不思議な顔をして携帯で時間をチェック、するとやっこさんの顔がみるみる赤くなる、おいらもどれどれと時計を見るとまだ1時10分ではないか、奥方1時間も早くさばを読んでた。

すると「お父さん!!どうして気が付かなかったの」とおいらに矛先を、「ばかやろうーお前が勘違いしたんだろー」とおいら心の中で・・

と言う訳でバカ夫婦は残り50分、いつもなら買わないものまでかごに入れ、時間をつぶすため店内をうろうろ、ちなみに卵はと言うと朝市で98円卵をゲット出来なかったため、結局いつものホクリョウのPG卵一パック180円を2パックほど。

で、ゴールデンウイーク初日的な日曜日、しかもお天気は今シーズン最高、行楽地にお客を取られたスーパーは終始閑散と、これじゃ特売品も売れ残るんではないか!、と、思った次第で・・・。



バースデーカニ


昨日は4月28日は奥方の誕生日、おいらからは先ヅモでビジールのドライバーと5番、9番のウッドを誕生プレゼントしてあるので、後はバースデーケーキでもと思っていたのだが、息子から大好物の蟹をプレゼントされ、急遽バースデーケーキを取りやめカニで誕生日を祝うことに・・

かに01



で、こうしてみるとカニ、ちょいと怖いかも。

20170428_185709.jpg






空をこえて ラララ 星のかなた〜


多分小学生の頃だと思うが、白黒のテレビで鉄腕アトムを見ていたような気がする、その頃我が家にはテレビが無く、三球ラジオは3こ上の姉専用で、夕方になるとお隣の子供のいないご夫婦の所に遊びに行き、毎日おやつ付きでテレビを見せて頂いた記憶がある。

家にテレビがやってきたころには、手塚氏のアニメはマグマ大使やジャングル大帝に変わっていたと思う、その後手塚氏の漫画をこよなく愛するようになり、ブラック・ジャックやアドルフに告ぐ、火の鳥と言ったように連載物の漫画本を読みあさっていた。

今は汚れきっているが、あの頃透き通るような心で好奇心と夢にあふれていたおいらの目に飛び込んできた十万馬力のアトムはまだ見ぬ21世紀への憧れを沸き立たせ、教科書の隅っこでは常にアトムが飛び回り、鉛筆キャップのロケットは月を目指したものだ。

最近、晴れたと思ったら雪で、その雪が融けたと思ったら又雪で、なかなかゴルフに行けなかったりで、☀ゴ☂読のおいらは読書にも精を出していた。

で何を読んでいたのかと言うとこれだ。

アトム


何でもアトムが誕生するまでのお話らしい、NHKでこのアニメが毎週土曜夜に放送されているが23:00と言う時刻は、別に見る物があるので未だ見ていない、ま、その頃見るものと言っても、布団の中で見る夢なのだが・・

漫画のタイトルはATOM THE BEGINNING、原案は手塚氏でカサハラと言うおっさん漫画家が書いている、おっさんと言うぐらいだから御年50才、おいらから見ればまだ羨ましい年齢だ。

で、兎に角面白い、それからそれからと想像すると6巻目が待ち遠しい、NHKのアニメもビデオにとればいいこと、これは先ほど思いついた。

アトム01







待ちきれない


そう言えば先月、帯広市畜産物加工研修センターと言う所にチーズ作りの研修に行ってきた。

チーズ0
当日は雪に埋もれていたので、夏はこんな感じ。

このセンターは、帯広市における畜産物の付加価値を高めるために必要な加工技術及び製品の研究開発並びに研修等を行うことにより、畜産の振興と農業経営の安定に寄与することを目的として、「公社営畜産基地建設事業」により、昭和60年に建設された市営の施設だ。

それで月に何度か施設を利用して、一般市民やサークル、団体を対象にソーセージ作りやチーズ作りを体験することが出来る研修会が行われている。

おいら達夫婦はその中のチーズ作りを体験させて頂いたのだが、事前に予約が必要で先着20名までとHPに記載されていたので、結構な参加者で行うのかなぁーなんて思っていたのだが、当日の参加者はおいら達夫婦だけ、そんな訳で貸切状態でのんびり牛乳からチーズが出来るまで担当員さんの丁寧なご指導を頂きながら5時間の貴重な体験をさせてもらった。

チーズ01

チーズ02


出来上がったチーズは、圧搾機にかけ一晩置き、翌日も研修の残りとチーズの受け取りがあるので、結局、片道車で1時間の道のりを二度も往復と相成った。

チーズ03


家に持ち帰った出来立てほやほやのそれは、おおよそ2カ月間我が家の冷蔵庫で熟成と相成る、とりあえず一か月は均等に水分を抜くために毎日天地返しをしなければならない、で、雑菌が着かないようにプラスチックグローブを装着して、優しく優しくなでまわし、くるんであるタオルも毎日取り換えているだ、おいら待ちきれなくてちょいと削って食ってやろうかとも思うのだが、そのたびに奥方に即制止され、まだどんな味わいなのかはわからない。

チーズ04



ばーちゃんと呼ばないで。


先日一通の合格通知が届いた。

20170210_164932.jpg


思い起こせば、去る1月22日の日曜日、英検の受験に行ったのだ、おいらは引率で受験生は奥方だ、試験会場は帯広のはずれにある白樺学園高校、オリンピックに数々のスピードスケート選手を輩出するその筋の名門校だ、そもそも受験なんておいらも奥方も気の遠くなるような昔に経験したっきり、学園の門をくぐる頃には奥方、緊張度合いもMAX。

遅刻してはいけないと1時間も前に着いてしまい、車の中でちょいと暇したが時間が迫ると受験者が続々とパパやママに車で送られてくる。

こうしてみると受験生はみなちびっ子だ、それも小学生か中学生、で、奥方「行ってくる!!」とキラキラ瞳をおいらに残しちびっ子たちに紛れていった。

20170122_104448.jpg


試験が終わり帰ってくると、会場内は99%のちびっ子で埋まり残りの1%が自身で、リスニングは単語が聞き取れずてんばってしまったとか、ちょいと興奮気味で。

それにしても孫やひ孫のような連中の中で堂々と英語検定4級を受験する我が奥方恐るべし。

20170210_165927.jpg


で、只今3級にチャレンジするべく猛勉強中。





全記事表示リンク

全ての記事を表示する

中高年よ大志を抱け
クラーク02
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ばく

Author:ばく
獏(ばく)は、中国から日本へ伝わった伝説の生物。人の悪夢を喰って生きると言われてます。どうぞ悪夢を見た時はここに来て「この夢をばくにあげます」とコメントして下さい、そうすれば貴方は、その悪夢を二度と見ずにすむ事でしょう。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

参加してます。
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
のぞき部屋
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
言葉は力

presented by 地球の名言

         
ばくの本棚
TOEICボキャドリル