おいらの人生これから、こらから・・持病に負けず、老いにも負けず・・リタイヤ爺の独り言

秋の海


そういえば、先週一人で海にいってきた。

何故一人(・・?、それはいつもの如く奥方はババ友とゴルフ、で、当然おいらはおいてきぼり、それではと秋味釣りの道具フルセットとデジイチを抱えて一人ドライブと。

目指すは50km彼方の大津海岸、秋味釣りは釣れる気は全くなしで、釣る気も無し、でも海と言えば釣りだべさみたいな長年の習性で用意だけは万全に。

ootu05.jpg



海岸は背合わせに湖もある、名前の云われは知らないが長節湖と言う、湖の砂丘一帯の植物群は、北海道の天然記念物に指定されておるらしいがどれが天然記念物なのかは知らない。

ootu09.jpg




ここはキャンプも出来る、駐車場、炊事場、トイレ完備、子供が小学生の頃は何度か来たことがある、駐車場に車を止めると湖の辺に何やらじじばばの姿が、そうだここはシジミ採りのメッカでもあった、残念ながらこの道具は持ってこなかった、でもシジミはハマちゃんからのもらい物が一年分あるので採って帰っても奥方に怒られるだけだ。

ootu03.jpg

ootu02.jpg


海岸は先日の台風で大変なことに、さながら流木のオブジェの展覧会状態、遠くではユンボがこの膨大なオブジェの後始末に追われている、報道ではこの流木のおかげで秋味漁も四苦八苦とのこと。

ootu04.jpg



こんな状態でもご隠居さん達は、ひたすら大物を狙って打ち上げられた流木の隙間から竿を立てている、しばらく見ていたが釣れるのはゴミばかりで、釣り人の歓喜の舞は見れずじまい。

ootu07.jpg

ootu08.jpg


しけの後の海岸はカモメたちにとっては格好のエサ場だ、皆さんエサ拾いに忙しい。

ootu06.jpg



そんな中一人、いや一羽だけ黄昏ている奴が。

ootu10.jpg


おいらも真似して黄昏てみた、うみはひろいなおおきいな♪なぜかこんな童謡を口ずさんでしまったり・・・

で、やっぱり一人じゃつまらないので早々に引き上げることに、もちろん持参した釣り竿を立てることもなく。











つまんない一日


ちぇッ、今日も雨だぜ・・・

雨03



雨だぜ

雨06




雨だべさ


雨01


だから雨なんだってば!!

雨04



お願い、もういいから

雨05




お前はいいよな・・

雨02





写真はこちらからお借りしました







車中泊


連日の雨、なのでリハビリはお休み。

5月を振り返ってみれば、リハビリゴルフは20回、その内6回はトマムで、そしてその内4回は1泊2日の車中泊ゴルフ。

土曜の午後から1ラウンド、その後木林の湯で汗を流し、だーれもいないトマム駅の駐車場へ、今回は炭をおこして焼肉パーティー、前日からあれもこれもと食料を用意したので、食べすぎて動けなくなる二人。

20160528_184534.jpg

20160528_184544.jpg



寝床を用意して即就寝、前回の轍を踏まぬよう今回は寝袋も用意、ところが前回より夜の気温がちょいばかり高く、寝袋では暑くて寝られない、結局寝袋は捨て仲良く毛布にくるまって就寝。

20160529_044450.jpg


朝4時、もう目はパッチリ、そりゃそうだ昨夜は8時の就寝、きっちり8時間も夢の中をさまよい続ければ無理はない。

さすが山の朝、薄霧の中で小鳥の囀り、口笛でホーホケキョとおいらが囀ると、あちこちからお返しの囀り、ここいらのうぐいすはとてもフレンドリー。

20160529_044526.jpg



朝飯前にそこいらを散歩、ついでにスマホでパチリ、トマム駅は無人駅、きれ好きな奥方はお世話になってる駅のトイレの掃除を、あらら便器もピカピカに、霧の向こうにトマムへ続くウエルカムロードが見える、この遊歩道は駅からトマムのタワーへ直結しているのだ。

20160529_052616.jpg


20160529_052524.jpg



20160529_053349.jpg


誰もいない待合室にはでっかなポスターが、何やら札幌、釧路間走る 特急・スーパーおおぞらの車内サービスがなくなると、なので弁当、飲み物は駅のキョスクで仕入てからご乗車くださいと、華やかな北海道新幹線と比べこちらのローカル特急はどんどん侘しくなるな。

20160529_052827.jpg


20160529_052543.jpg



散歩から戻ると奥方が朝食の用意を、そして又食べすぎるのだ。

20160529_053831.jpg

二日目、食いすぎで二人のスコアーは大変なことに・・・


toma02.jpg








ケ・サラ


こうふくの鐘、ここを訪れる人達は、様々な想いを胸にこの鐘を鳴らす、たまに行われる結婚式ではウエディングベルにもなる。

しあわせ01




ときにはこの鐘を鳴らさないカップルもいる、恥ずかしいのか、はたまた今の幸せで十分なのか。

しあわせ04




旦那さんは何想うて毅然と歩き、奥さんはその後をそそくさと追う、羨ましい、実に羨ましい光景である。

しあわせ05




そろそろ彼と・・飾られた幸せそうな二人の写真を見て、彼女は明日の自分を夢見る。

しあわせ03




ベンチに置き去りにされたブローチ、幸せがいっぱい詰まっているのか、それとも・・・

しあわせ08





幸福駅に願いを託し、幸福の鐘をカラーーンと、このシチュエーションまさに神社だな、でも賽銭箱はない。

しあわせ02




でも叶うといいなぁ・・・

しあわせ10




叶うといいなぁ

しあわせ09




愛の国から幸福へ、45年前のなにげな思い出が詰まったこの土地、そろそろこのジーゼルで次の駅に向かうとするか。

しあわせ07




私たちの人生は、階段を手探りで歩くようなもの
車内から葉子ちゃんの歌声が聞こえてくるような。










幸せって何だっけ・・


と言う訳で45年ぶりの幸福駅。

観光客はまばら、駅に張られているメッセージをじっくりと眺める。

愛国ー幸福の乗車券をもじったメッセージカードは売店で売っている、それに訪れた老若男女がそれぞれの思いを込めた言葉を記すのだ。

幸福駅45


こう言っちゃ悪いが実に面白い、でも時には胸つまる思いも・・

幸福駅13


幸福駅12


幸福駅11


幸福駅10


幸福駅15


幸福駅16


幸福駅17


幸福駅18


幸福駅09









幸福駅19



つづく




全記事表示リンク

全ての記事を表示する

中高年よ大志を抱け
クラーク02
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ばく

Author:ばく
獏(ばく)は、中国から日本へ伝わった伝説の生物。人の悪夢を喰って生きると言われてます。どうぞ悪夢を見た時はここに来て「この夢をばくにあげます」とコメントして下さい、そうすれば貴方は、その悪夢を二度と見ずにすむ事でしょう。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

参加してます。
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
のぞき部屋
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
言葉は力

presented by 地球の名言

         
ばくの本棚
TOEICボキャドリル