おいらの人生これから、こらから・・持病に負けず、老いにも負けず・・リタイヤ爺の独り言

夢の続き


最近は、あまり見ることが無かったあの夢が、昨日久々に現れた。

薄暗い森の中の一本道、その脇に幾つものお地蔵様が並び、子供のおいら達はその道を、地蔵に見下ろされながら、怯えながら進んでいく。

そんな夢、今までに何度も、何度も見ているのだが、そこが何処だか分からない、きっと子供の頃に行った所なのだろうが・・・


昨日、何時もの徘徊、帯広から十勝大橋を越え、西方の高台に目をやると、何故か懐かしいすずらん公園が、何となくハンドルをきり、高台へと車を走らす。

周りは住宅街となり、その住宅街の外れに、紅葉した木々に囲まれた公園が、もう50年以上も訪れたことが無かったなぁ。

すっかり整備された駐車場に車を置き、カメラ片手に枯れ葉に埋もれた小道を歩く、周りの木々も草も手入れが行き届き、紅葉からこぼれる光達は思い思いに跳ね返り、ひと気は無いのに、何故か賑やかだ。

シャッターを切るでも無く、まったり散策していると、森の外れの草むらの向こうに、小さな地蔵が見えた、1つ、2つ、3つ、4つ、近づくにつれ周りには無数の地蔵達が、そして主人のいないお寺の様な建物。

小さな地蔵の前で屈んでみると、昨日見た夢が甦える、あの夢の場所はここだったんだ、小学校の遠足で来たんだ。



あの時、あーんな大きな地蔵様は、今はこんなに小さくなっちゃって・・・



夢の続きはここにあった。


モノ09 モノ08 モノ17


モノ16 モノ14 モノ01


モノ04 モノ02 モノ03



モノ06 モノ05 モノ12




古寺08







地蔵より愛を込めて by 小林信一 on Grooveshark



フリーエリア
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

中高年よ大志を抱け
クラーク02
プロフィール

ばく

Author:ばく
獏(ばく)は、中国から日本へ伝わった伝説の生物。人の悪夢を喰って生きると言われてます。どうぞ悪夢を見た時はここに来て「この夢をばくにあげます」とコメントして下さい、そうすれば貴方は、その悪夢を二度と見ずにすむ事でしょう。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

参加してます。
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
のぞき部屋
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
言葉は力

presented by 地球の名言

         
ばくの本棚
FC2ブログ