おいらの人生これから、こらから・・持病に負けず、老いにも負けず・・リタイヤ爺の独り言

膝を深く曲げて待っているんだけど


木曜日、清々しい一日だった、だがおいらの体は憂いでいる。

なんだか、日増しに体のあちこちが痛くなってくる、リウマチの治療薬にはけっこう沢山の種類があって、リウマチの痛みや炎症を抑えるステロイド剤だとか、病気の進行を遅らせる抗リウマチ薬、そしてそれでもだめなら、お値段は超お高い生物学的製剤と呼ばれる新薬が、これは最先端のバイオテクノロジー技術によって生み出された医薬品で、関節リウマチに対しては2003年から国内での使用が開始されていて、従来のお薬とは比べ物にならないくらい関節破壊抑制効果に優れている。

おいらも5-6年前から、その中でも即効性のあるレミケードという薬で治療を開始した、感激だったのは最初の点滴を行った翌日から体の痛みが劇的に和らいだのである、あの時もっと早くにこの薬を使っていたら膝の中に鉄くずが入ることもなかったろうにと悔やんだこともあった。

そんなんで昨年までは、まあまあ人並みの生活を送ることも出来ていたのだが、悲しいことにこの薬、だんだん効き目が落ちてくる、薬量も増やしては見たのだが、副作用的な体の変調も出てきたので、已む無く今年に入ってから副作用の少ないオレンシアに変えた。

そのオレンシアに変えて早一か月、もう三度も点滴注入しているが、痛みは治まって来ない、話では前薬に比べると効いてくるのが遅いらしい。

オレンシアは、これまで使用していたていたレミケードとは全く異なる働き方で関節リウマチの治療を行う、レミケードは、関節の炎症(腫れ・痛み)を起こしているサイトカインという物質に直接くっつくことによりその働きを抑え、痛み、腫れを抑えていこうというものでした。一方、オレンシアは、関節リウマチの炎症を起こしている免疫システムの司令官であるT細胞の働きを抑え、サイトカインの産生をおさえて関節リウマチを良くしようという薬。

これを、今おいらが関係しているシンジケート的なニュアンスでお伝えすると、今、世間に出回っている麻薬とか覚せい剤と呼ばれる悪しき物を片っ端から摘発、押収している捜査官、でもそれだと物は後から後からどんどん出てくる、これではきりがない、そこで登場するのが潜入破壊工作員X、彼は物が製造されている現地の組織に深く潜入し破棄工作を行い、それを根絶するのだ、そう潜入破壊工作員X、彼こそがオレンシアなのだ。





あはは!
もっと解りやすい説明があったわい。

index_comic01.jpg

index_comic02.jpg

index_comic03.jpg


index_comic04.jpg


臭いにおいは元から絶つ!!じゃなくて悪い病気は元から絶つ、今おいらの体の中に深く、深く潜入している破壊工作員X、痛みがなかなか改善されないのは、彼がまだ破壊工作の機を覗っているのか、準備の途中なのか、寝ているのか、それともやる気がないのか・・・

いやいやそんな心配はよそう、彼を信じよう・・・
機が熟すその時のために、膝を深く曲げて(あんまり曲がらないんだけど)飛躍に備えよう。

ともあれ明日は4回目のオレンシア投与日。


04_schedule_p01.gif


反撃ののろしはいつ上がるのか。


画像はブリストル・マイヤーズ株式会社 さんからお借りしました








全記事表示リンク

全ての記事を表示する

中高年よ大志を抱け
クラーク02
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

ばく

Author:ばく
獏(ばく)は、中国から日本へ伝わった伝説の生物。人の悪夢を喰って生きると言われてます。どうぞ悪夢を見た時はここに来て「この夢をばくにあげます」とコメントして下さい、そうすれば貴方は、その悪夢を二度と見ずにすむ事でしょう。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

参加してます。
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
のぞき部屋
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
言葉は力

presented by 地球の名言

         
ばくの本棚
TOEICボキャドリル