おいらの人生これから、こらから・・持病に負けず、老いにも負けず・・リタイヤ爺の独り言

ただちょいと・・・


この頃ふと思う事がある。

あれほど肉が好きだったのに、歳とともになんか食べたいと言う気力が失われつつあるような・・

青春時代はフォーソングが好きでPPMやB・ディランやJ・バエズにはまり、そのあとはお定まりのビートルズ、そして20才の夜はラジオから流れる夜明けのスキャットと・・

そしてちょいと大人になった1970年代は、ツェッペリンとかS&ガーファンクルとか、又その頃のガールフレンドに合わせてカーペンターズも・・

そういえばあの頃巷ではジャズ喫茶が流行り、夜な夜なコーヒー一杯で、ディキシーランド・ジャズに酔いしれたものである。

時が過ぎ、家族でキャンプだスキーだと騒いでいたころはもっぱら奥方との共用でユーミン、ドリカム、浜省、そしてチェッカーズも


野郎どもが巣立った頃からあまりヘッドホーンをつける事も無くなったような、それでもクラプトン、マライアキャリー、エアロスミスなど、おっと!サラ・ブライトマンもよく聞いたかな。

そして今、フルで一曲聞くことが無くなってきたな、BGMな感じで聞くのはエンヤだとかドボルザークだとか・・

さて食べ物の話に戻るが、今はお味のほうがどんどんうすくなっているような、外で頂くラーメンは汁をお湯で割りたくなるし、ジンギスカンも年々味付けが濃くなってきているように感じる。

そろそろしょっぱい物やくどい味付けは必要としなくなってきていると言う事か、若い頃はどんどん身に衣を重ねてきたが、今その衣を脱ぎ捨ている自分に気がつく、それとともに趣向も感性も知らず知らず変わってきているのではないか、それが衰えなのかどうかは分らないが、心地よい音楽もおいしいと感じる食べ物も変わってきている事は確かだ。

だからってこれがエイジーブルーだとは思わない、むしろ衣をそぎ落としてきて、なんだか身が軽くなった今の自分にちょいと心地よさを感じている。

ま、それが何だと言われれば、身もふたもないのだが・・・






全記事表示リンク

全ての記事を表示する

中高年よ大志を抱け
クラーク02
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

ばく

Author:ばく
獏(ばく)は、中国から日本へ伝わった伝説の生物。人の悪夢を喰って生きると言われてます。どうぞ悪夢を見た時はここに来て「この夢をばくにあげます」とコメントして下さい、そうすれば貴方は、その悪夢を二度と見ずにすむ事でしょう。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

参加してます。
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
のぞき部屋
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
言葉は力

presented by 地球の名言

         
ばくの本棚
TOEICボキャドリル