おいらの人生これから、こらから・・持病に負けず、老いにも負けず・・リタイヤ爺の独り言

爆釣!!!


あっという間に1月も、もうわずかだ。

先々週の話だが、サロマでチカ釣りをしたのだが、これが今までで最高の釣果。

この行事は友人夫婦2組と毎年1月に泊りがけで行い、行き始めてかれこれ10年近くになる、現地が猛吹雪で中止になったのは一度だけ、それ以外はいつも晴天に恵まれナイスな穴釣りを楽しんでいる。

朝4時に帯広を出発、200K先のサロマを目指し高速道路はまだ半分しか繋がっていないのでオール一般道でのドライブ、道央方面は大雪で大騒ぎだが、こちらは日高山脈が雪雲をシャットアウトしてくれているので、舗装が出ているからっからの道路が十勝を出るまで続く、それでも現地到着には3時間半ほどかかる。

今回の釣り場はサロマ別川の河口付近、あまり長歩き出来ないおいらのために、先輩のハマちゃんはいつも駐車場所から目と鼻の先のポイントをチョイスしてくれる。

2018チカ02

朝7時半、堤防には20台ぐらいの車が並んでいる、いつものようにそりに積んだ道具一式を引きずりながら凍結した川に降り、テント設営の場所を決め雪をかく、そしてドリルで穴を2つ開ける、氷の厚さは30センチぐらい、それからテント張り釣り竿をセットしていざ戦闘開始。

2018チカ04

ここからが凄かった、釣り糸を垂らすと同時にそれはもう大変なことに、5本針に5匹のチカが、それから休むことなく5時間釣れっぱなしである、いつもならテントの中で、お汁粉やら鍋焼きうどんを作ってのんびりと釣りを楽しんでいたのだが、もうそんな暇はない、なんせ釣れっぱなしなのである、そしていつもなら奥方の釣れたチカの針外しは、おいらの役目なのだが今回は自分の事で手一杯で奥方に餌のつけ方と針の外し方を教えお互いセルフでと言う事に。

ま、そんなかんやでおいら夫婦がゲットしたチカは600匹、隣のスーさん宅も同じくらい、ハマちゃんはさすがの800、奥さんも一人で500、なんと我らグループ6人で2500匹の爆釣であった。

2018チカ01


で、皆さん今回の爆釣を象徴するかのように、チカの鱗にまみれた防寒服はラメ入りの衣装の如くキラキラと。

そしてそのまま、お決まりのサロマ湖鶴雅リゾートホテルへ、まったりと温泉で鱗を落とし、ディナービュッフェでは欲張らず、食べ過ぎず、飲み過ぎず、の、つもりだったが帰ってきて秤に乗ったら結構増量・・。

ところで初めての水耕栽培トマト、我が寝室で花を咲かせております。

to02.jpg


to01.jpg






全記事表示リンク

全ての記事を表示する

中高年よ大志を抱け
クラーク02
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ばく

Author:ばく
獏(ばく)は、中国から日本へ伝わった伝説の生物。人の悪夢を喰って生きると言われてます。どうぞ悪夢を見た時はここに来て「この夢をばくにあげます」とコメントして下さい、そうすれば貴方は、その悪夢を二度と見ずにすむ事でしょう。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

参加してます。
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
のぞき部屋
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
言葉は力

presented by 地球の名言

         
ばくの本棚
TOEICボキャドリル