FC2ブログ
おいらの人生これから、こらから・・持病に負けず、老いにも負けず・・リタイヤ爺の独り言

嘘と本当の狭間


フィクションって、事実でないことを事実らしく作り上げること、などと定義されておる、早い話が嘘ってことになる。

おいらのこのブログだって50%は其れなのだ、だからおいらのこのブログに書いてあることを安易に信じないほうが良い。

アメリカの医学雑誌に、脳の側坐核が活発に活動する人ほど嘘の申告をする割合が高いとの研究が発表されたのだが、おいらの場合どうやらこの側坐核とやらがまだまだ衰え知らずで活発に活動している・・らしい。

又、反対に背外側前頭前野という部分が活発なら、理性的な判断や行動が出来る人となるが、おいらきっとこちらの領域の衰えが進んでおり、大人なじじいに成り損なっちゃっているのではないか、そして海馬と呼ばれる領域について、この部分は間違いなく衰えておる

フィクションに対して事実を書くとノンフィクションと呼ばれる、でも本当のノンフィクション映画とか、ノンフィクション作家だとかはいると言えばいるのだが、その中に脚色と言う嘘が混じっていることは結構ある、事実報道などと言いつつ、実は面白おかしく歪曲されたものが多々で、ことにテレビのニュース番組なんぞは、スポンサーありき視聴率ありき、はたまたライバル局ありきでの激戦区、とてもとても純粋なノンフィクション報道などとは言っていられない事情が見え隠れする。

昔、立花隆さんと言うルポライターがいた、いや、まだ生きているのでいたと言うのは失礼だ、今はノンフィクション作家と言う類にすみ分けされている。

この立花さん、おいらが今の会社を立ち上げた45年前、総理大臣だった田中角栄氏を執拗にこき下ろし、文藝春秋に「田中角栄研究~その金脈と人脈」なるルポを掲載、彼の政治的失脚のきっかけを作った人だ。

角栄氏は、其れまでにいなかったタイプの政治家であった、極貧の家庭に育ち、学歴も無くたたき上げの実業家、政治家になってもその手腕は泥臭く金権政治家として名を馳せた、そんな彼が首相の座を射止めたのだから、東大卒の立花さんにとっては鼻持ちならなかったのだろう、角栄氏を黒く塗りつぶすのに、彼なりのフリージャーナリストとしてのテクニックを駆使した、その手法は学ぶべきものが確かにあった、しかし本当に黒い真実だけだったろうか、真実もちょいと色を付ければフィクションになる。

おいらその頃、今太閤と呼ばれた角栄氏が大好きであった、卑賤から身を起こして、ついには太閤となった豊臣秀吉、彼の経歴を辿ると正に秀吉、凄すぎた、確かにマイナーな面も沢山あったが、彼が成しえた偉業もまた数知れない、数知れなかったと過去形にしないのは、彼の功績が今も日本の社会に。息衝いているからである。

政治は数であり、数は力、力は金だ、こう角栄氏は言ったそうだが、なんと正直な言葉であろうか、今の殿様は決しておっしゃらない、腹の中では、そのとーり、と思っていても、それが処世術、10枚いや100枚の舌を使わなければ振り落とされる政治の世界、そして官僚、企業、はたまた零細企業のおっちゃんに至るまで、何枚もの舌をつかねばやって行けない昨今。

社員は家族、あなたのための会社、そんな事を言っているリーダー達、それって本当のところはどうなのよ、と突っ込みを入れたくなっちゃう、が、こんなことを書いていると、おいらはどうなのよ、と自問自答したくなっちゃうのでやめとく。

ここまで書いてふと思ったのだが、おいらいったい何を書こうとしていたのだろう・・・。

ところで昨日、某ゴルフ場の18ホールを全てパーで上がり、もうちょいと頑張ればエイジシュートもありなスコアーを記録した。

いや言葉足らずだったのでもう1度書き直そう。

ところで昨日、夢の中で某ゴルフ場の18ホールを全てパーで上がり、もうちょいと頑張ればエイジシュートもありなスコアーを記録した。



10・13ゴルフ



フリーエリア
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

中高年よ大志を抱け
クラーク02
プロフィール

ばく

Author:ばく
獏(ばく)は、中国から日本へ伝わった伝説の生物。人の悪夢を喰って生きると言われてます。どうぞ悪夢を見た時はここに来て「この夢をばくにあげます」とコメントして下さい、そうすれば貴方は、その悪夢を二度と見ずにすむ事でしょう。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

参加してます。
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
のぞき部屋
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
言葉は力

presented by 地球の名言

         
ばくの本棚