おいらの人生これから、こらから・・持病に負けず、老いにも負けず・・リタイヤ爺の独り言

「はんがーカフェテリア」(10)

薫との話が途切れ、翔太は携帯を開いた、もう5時だ、その時カウンターの向こうから「高木さん、坂本さん、用意出来ましたよ」と薫の父である祥幹が隣のソファーで本を読む二声をかけた。

なぁんだ皆知り合いなのか、翔太は妙な気分で彼等に目を向けた、二人は待ちかねたように本を戻すと席についた。

そして「お客さん、薫も出来ましたよ」祥幹はにこやかだった。

何かきつねに化かされているような、この雰囲気も空腹の翔太にとっては気にならず、そそくさとテーブルに向かった。


つづく●█▀█▄


P1000427.jpg
ちなみに昨日のおいらのディナー、身のついてない魚が出た、でもしっかり糖質制限食だ。



ところで昨日の出来事だったんだけど

パートのおばちゃん「ねえ、○美ちゃん明日が来るよ」

事務の○美ちゃん「本当ぉ~」

事務所にもどった○美ちゃんは

事務の○美ちゃん「トシちゃん明日が来るって本当!!」

会計のトシちゃん「うーん、そうみたいだね」

事務の○美ちゃん「えーどこで、トシちゃんちょっとネットで調べてぇ」

会計のトシちゃん「調べるったって、まだ本州だと思うけど」

事務の○美ちゃん「ねえ社長!帯広は文化ホールしかないですよねぇ」

社長「いやいや、ここにも来ると思うよ」

事務の○美ちゃん「え~~~っ」

風 by on Grooveshark



fc2・R







関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

中高年よ大志を抱け
クラーク02
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ばく

Author:ばく
獏(ばく)は、中国から日本へ伝わった伝説の生物。人の悪夢を喰って生きると言われてます。どうぞ悪夢を見た時はここに来て「この夢をばくにあげます」とコメントして下さい、そうすれば貴方は、その悪夢を二度と見ずにすむ事でしょう。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

参加してます。
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
のぞき部屋
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
言葉は力

presented by 地球の名言

         
ばくの本棚
TOEICボキャドリル