おいらの人生これから、こらから・・持病に負けず、老いにも負けず・・リタイヤ爺の独り言

「はんがーカフェテリア」(11)

「こちらよろしいですか」

「どうぞ」

薫が翔太の向かいに座った。
隣のテーブルは、同じように向かい合って、老紳士が座った。

まもなく薫の父が料理を運んできた、老紳士の所に置かれたのは、一膳のごはんと、味噌汁、小鉢に入った卵、それに二切れのたくあん。

翔太と薫には厚焼きの半切りトースト二枚と、ホットミルク。

「おまかせってこれ!」

翔太は少々狼狽した、隣の料理といい自分の目の前にある、トーストといい、とても料理とは言い難い。

「四時間も待ってこれか」

翔太は995円のこの食事に承伏しがたかった。

「いただきます」

それぞれが、軽く手を合わせた後、食事に入った。
翔太もそれに合わせて、トーストをちぎり口に放り込んだ。

「うまい!!」

何の変哲もない、いつも食べているこのパンが、途轍も無く美味いのだ、ただのパンではないな、シェフの拘り抜いた手作りの本食だ、心の中で翔太は感嘆の声を上げた。

目の前の薫も、満足そうな笑みを浮かべながら、この食事を楽しんでいる。

ミルクを口に運びながら、翔太は隣に目を移した、二人の紳士も美味そうに食べている、「あれが和食」、でもまさに和食だ、あの美味そうなごはんは、長沼のコシヒカリ、いや今時は「ななつぼし」、いやいや「ゆめぴりか」かもしれない、カツカツと小鉢で溶いているあの卵は、きっと烏骨鶏だ。

翔太の想像は膨らんで行った、それは日本一、牛乳の美味いといわれるこの十勝で、味わった事の無いこのミルクを飲んでいるせいなのかも知れない。

つづく




fc2・R






先日、車で走っている最中にタバコが切れた、悲しいかな我慢出来ずに、いつもは自分で買わないタバコをにセブンに寄った。

タバコ一箱だけ、というのも恥ずかしいので、雑誌売り場を見渡した、Hな本がかなりある、興味はあったが、その前に立て掛けられている本に目が行った。

「人生と仕事について知っておいてほしいこと」
長たらしいお題だが、松下幸之助[述]とある、H本には悪いがこちらを買った。

a02.jpg


たった一冊の本を買っただけの事なのに、こんな長ったらしいプロセスがいるのか、とおっしゃられる皆さん、そのと~りです、ただおいらが本当に所望したのは・・・・

a01.jpg



会社に戻り、ぱらぱら読みしてみると、一つ気になる一節が・・・

[人生で成功するために知っておいてほしいこと]
大志を抱いてもきょうの現実を忘れてはならない。
-----------------------
”大志を抱く”という言葉だけに浮かれてはならない。大志を抱かずとも一日一日を積み重ねて成功を得る人もいる。決して足もとを身忘れては行けない。

後は、なんたらかんたら続くのだが、おいらのブログ名は”中高年よ大志を抱け”だが、この一節の主旨は頭に「青年よ」と来るのだろう、が、しかしおいら的にはちょっと承伏しかねる。

「大志を抱かずとも一日一日を積み重ねて成功を得る人もいる」そうでしょう、ごもっともです、でもね、遠くばっかり見て歩いていると、石ころにつまずいて転ぶよ、みたいな言い方されると、今時の青年は、簡単に納得しちゃうのよね、おいらそれが恐い。

諺に、転ばぬ先の杖というのがあるが、あれは転んだ事のある先人の言葉だ、転んだ事も無いくせに杖を、なんていうのは、とんでもない、と、おいらは思う。

未来を担う若き皆さん、そしてじじ、ばばも大いに大志を抱こうではありませんか、転んだら起き上がればいいことなんです、転ぶ事を恐れて萎縮してはならないのだ。

笑われて、笑われて強くなる、なんて言葉もあります、ま、おいらの言葉だけどね。

松下氏のいわんとする事も重々に分かるのだが、今の世の中、甘える事、頼る事に馴れきっていると思う、これは若者だけの話ではない、じじもばばもだ。

もう死んじゃったけど、ジョブスの台詞に”ハングリーであれ、バカであれ”と言うのがあったが、こんな寺代だからこそ、夢見て、夢見て、転んでも、転んでも起き上がる強さが必要ではないのだろうか。 



はきだめに えんどう豆咲き

泥池から 蓮の花が育つ

人皆に 美しい種あり

明日何が咲くか

    安積得也(明日より)
   







関連記事
コメント
ヨンホンゲのおじ様
中島みゆきかぁ~、懐かしいですね。
大昔、彼女がまだ中島美雪だった頃、おいらジャズにはまってて、よく帯広のジャズ・オーディオと言う喫茶店に入り浸りだった。
その頃よく歌ってたな、ジャズ喫茶でフォークをね。その頃は中島産婦人科の名家の、お嬢様なんだけど、結構シュールな感じの女子だったな、おいらと2こしか違わないから今年還暦かも。
ファイト!
正においらの気持ちを代弁してくれていますねぇ

ファイト!
冷たい水の中を
ふるえながらのぼって行け

風邪ひくかも・・・

ちなみに大人の雑誌はあきらめてます
会社にも持っていけないし
家にもって帰るとゲンコくらうし

でも・・・ファイト!
2012/04/06(金) 08:56 | URL | #-[ コメントの編集]
ちょっと違うかもしれないけど思い出した歌詞があります。
中島みゆきの『ファイト』のサビ。

♪戦う君のことを、戦わないやつらが笑うだろう

笑っているのはなにもしない人たちですよね。
なんであれ、実行することかと思います。
大人の雑誌を買うにしても。
2012/04/05(木) 21:46 | URL | こみ #tHX44QXM[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

中高年よ大志を抱け
クラーク02
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ばく

Author:ばく
獏(ばく)は、中国から日本へ伝わった伝説の生物。人の悪夢を喰って生きると言われてます。どうぞ悪夢を見た時はここに来て「この夢をばくにあげます」とコメントして下さい、そうすれば貴方は、その悪夢を二度と見ずにすむ事でしょう。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

参加してます。
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
のぞき部屋
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
言葉は力

presented by 地球の名言

         
ばくの本棚
TOEICボキャドリル