おいらの人生これから、こらから・・持病に負けず、老いにも負けず・・リタイヤ爺の独り言

なっちゃんの帰郷 (1)


5月と言うのに32℃の灼熱の昼下がり、ワンショットバ
ーを経営する親友の太一から電話が入った、いつもは
車のダッシュボードに放り込みぱなしの鳴らずの携帯
だがその日は珍しく持ち歩いていた。

「おう、翔太か」
太一のいつもの声だ。

「何かあったか」

「今、トモから連絡があってなっちゃんが帰ってきてるから
明日の晩にミニクラス会をしたいってな」

「明日かそりゃ又急だな」

「なんか直ぐに帰るって」

「俺はいいけど他の連中はどうなんだろな」

「女連中はトモが声をかけるってよ」

トモ、飯坂智子は20代で東京暮らしを始め、そのまま向
こうの男性と結婚、しかし子供に恵まれず、格式ある彼の
一族との確執もあり、7年の結婚生活を断念して故郷の帯
広へ戻ってきた、それ以来病気で妻を失った弟の二人の子
供の母親代わりになり、独身を通している。

トモとなっちゃんは就職先は違ったが東京暮らしの中、数
少ない友人として数年間互いのアパートを行き来し、その
後も親友付き合いを保っている。

それでも東京と帯広では、せいぜい年に数回、電話で近況
を語らうぐらいだそうだ。

おいらがなっちゃんの顔を見るのは5年前のミニミニクラ
ス会以来だ、独身を通してきているせいか風情も身のこな
し方も若い、それに加えて長年の東京暮らしからくる訛り
の無い洗練された言葉使いがすごく垢抜けていて58年の
生活感が微塵も感じられなかった。

たしか22才の時だったか、その頃、虎ノ門のオークラで働
いていた太一の所へ遊びに行った時、トモとなっちゃんを
呼び出して4人で人形町のビニールハウスみたいな安居酒
屋で飲み明かした事がある。

そう、近頃よくみる韓国ドラマで登場する、テント張りの
屋台、その中で若い男女がチャミスルを酌み交わす、そんな
感じの40年前の記憶。

あの頃は皆、夢と希望に満ちあふれ、それぞれの思いを語
り、そして耳を傾け、眠る事を知らない都会の喧騒の中、
朝日が顔を出しても、語らいは尽きる事はなかった。




      101808.jpg




人気ブログランキングへ



関連記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

中高年よ大志を抱け
クラーク02
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ばく

Author:ばく
獏(ばく)は、中国から日本へ伝わった伝説の生物。人の悪夢を喰って生きると言われてます。どうぞ悪夢を見た時はここに来て「この夢をばくにあげます」とコメントして下さい、そうすれば貴方は、その悪夢を二度と見ずにすむ事でしょう。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

参加してます。
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
のぞき部屋
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
言葉は力

presented by 地球の名言

         
ばくの本棚
TOEICボキャドリル