おいらの人生これから、こらから・・持病に負けず、老いにも負けず・・リタイヤ爺の独り言

なっちゃんの帰郷 (4)

「とりあえず3人で乾杯しょうか」

おいらが二人に声をかけると、太一はすかさずギネスを
バカラのオノロジーに7分ほど注ぎサージャーにのせた。

黒ビールに琥珀色の泡が盛り上がりとても旨そうだ、つい
手が出そうになるが、これは太一と楓ちゃん用、おいらに
はいつものシーバスリーガルのロックが、糖質制限を止む
なくされているこの身にとってギネスは天敵だ。

「翔太よいつも安酒飲んでないで、たまにはこのマッカラ
ンでもキープすれよ」

乾杯の後、ロガシュカに口をつけるおいらに向かって珍し
く商売気たっぷりに太一は言った。

「おいおいワンショットバーのマスター様がボトル売りか
よ、おいらシングルモルトはどうもねぇ、ブレンデッドが
口に合うって言うか、どうせその12年物見栄張って並べ
て結局のところ、売れ残りだろう」

どのみち最終的にはおいらのプレートが掛けられるのだがち
ょいと悔しいので、皮肉たっぷりに、そしてにゃりと意地
悪く笑って見せた。

「サンキューこのところ高い酒は敬遠されてなぁ、助かっ
たよ、やはり持つべき者は友ってか」

おどけて見せる太一、好きでやってるこの商売、いや好き
でなけりゃ出来ないこの商売、そんな太一の所にも業界の
冷たいすきま風が忍び寄って来ている、40度のアルコー
ルを口で転がしながらふとそんな事を考えていた。

ドアの開く音と共にトモが入ってきた。

「あら狡い、仲良く3人でもう始めてる、ちょっとの時間
ぐらい待てないかなぁ」

入ってくるなりのトモの一声である。

「ご無沙汰してます」

トモの後ろからぱっと見40代と言っても過言ではない垢
抜けたご婦人が顔を覗かせた、なっちゃんだ。




オオキッド001











人気ブログランキングへ





関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

中高年よ大志を抱け
クラーク02
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ばく

Author:ばく
獏(ばく)は、中国から日本へ伝わった伝説の生物。人の悪夢を喰って生きると言われてます。どうぞ悪夢を見た時はここに来て「この夢をばくにあげます」とコメントして下さい、そうすれば貴方は、その悪夢を二度と見ずにすむ事でしょう。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

参加してます。
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
のぞき部屋
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
言葉は力

presented by 地球の名言

         
ばくの本棚
TOEICボキャドリル