おいらの人生これから、こらから・・持病に負けず、老いにも負けず・・リタイヤ爺の独り言

なっちゃんの帰郷  (7)

差し出されたそのカクテルと「太一!それはやばいしょ」
と言ったおいらの言葉にいちばん反応したのはトモだった
、トモはおいら越しになっちゃんを覗き込み右手はおいら
の肘を掴んでいた。

賑やかな笑い声と共に香織と夏美が入ってきた、結局今日
のメンバーはおいらと太一と女子4人、それと楓ちゃんだ。

まてよ、七つ下の楓ちゃんは別として、これってあの花火
大会のメンバーではないか。

「やだぁ奈津子全然変わってない」

歳に似合わぬ黄色い声で叫んだのは、もう3人の孫持ちの
香織だ、彼女がなっちゃんと合うのは20年ぶりだ。

「ホントね悔しいくらい」

香織に続いて、5年ぶりの再会にしては何ともそっけない
挨拶をするのは、合う度に開業医になった息子の自慢話に
花を咲かせる夏美だ、彼女も孫がいる。

カクテルに手を伸ばそうとしていたなっちゃんは、一端と
まり木から降りて、ばあちゃんらしくない派手な服装の二
人と再会を喜んだ。

2人分のギネスを手早く泡立てながら
「まずは乾杯だな、翔太音頭とれよ」
太一は顔を上げずに言った。

いつの間にかトモの前にはシンデレラが出来ている、この
中で唯一アルコールが駄目な彼女は、このカクテルがお気
に入りなのだ、普通このカクテルはシェイクするのだが何
故かトモはそれを嫌い、マドラーを添えて貰い、口をつけ
る毎にカランカランと自分でステアするのだ。


シンデレラ01


「ご指名に与りましたので不祥と言うか出無精の私めが乾
杯の音頭を取らさせて頂きます」

ちょいとおどけて言って見せたおいら。

「そうよ翔太は最近出席率が悪いんだから」

トモがすかさずチャチャを入れる。

そう言えば毎月、月初めに行われるミニクラス会は今年に
入って2度ほど欠席している。

「とにかく今日ははるばる東京からなっちゃんが来て、又
こうして見慣れた顔ばかりですが一堂に会する事が出来ま
した事は何とも幸せな事であります」

「やだそれ五年前にも聞いた」

今度は夏美だ。

「ま、とにかく乾杯」

彼女らの突っ込みに、おいらは早々に話を切り上げ乾杯に
持ち込んだ、それにしても同じ事を言ったとは自分でも驚
きだ、それに五年前のその後の展開もまるで記憶にない。

それぞれが再会の音を鳴らし席に腰を下ろした。

「あの日の事思い出したんでしょ」

トモがおいら越しになっちゃんのグラスを指さし耳元で囁
いた。

「ん、まぁな」

「もう昔の懐かしい思い出だよな」

おいら達の話が聞こえたのか、太一は誰の言うのでも呟
いた、そしてなっちゃんはこっくり頷いた。

「女子はこちらに移動、男共には聞かれたくない思い出話
もあるしね」

昔から親分肌の夏美がたった一つしかない四人がけのボッ
クスに三人を誘った。





人気ブログランキングへ



関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

中高年よ大志を抱け
クラーク02
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ばく

Author:ばく
獏(ばく)は、中国から日本へ伝わった伝説の生物。人の悪夢を喰って生きると言われてます。どうぞ悪夢を見た時はここに来て「この夢をばくにあげます」とコメントして下さい、そうすれば貴方は、その悪夢を二度と見ずにすむ事でしょう。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

参加してます。
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
のぞき部屋
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
言葉は力

presented by 地球の名言

         
ばくの本棚
TOEICボキャドリル