おいらの人生これから、こらから・・持病に負けず、老いにも負けず・・リタイヤ爺の独り言

タイムカプセル・その1


17才でスナック通い・・

と言うのも、おいらの母親がその頃バーを経営しており、必然おいらはカウンターに入りバーテンもどきのお手伝いをしてた訳で、たまにお客さんだった羽振りのいい爺さんのお供で、3人いたホステスさんと共にキャバレーやスナックによく連れて言ってもらった。

ある日、爺さんのおなじみのスナックに連れて言ってもらった時、カウンターの奥にとても素敵なホステスさんがいた、今思うと、きっと大人な美人のお姉さんに、まだ17才の幼きハートをぎゅっとわしずかみにされちゃったんだろな、ちなみにうちに居たホステスさんも皆美人だったけど、その後、ただカウンターの隅っこで彼女を眺める為だけに、毎夜、毎夜、店が終ってから、くすねた店の売り上げを握りしめ足しげく通ったもんだ。

まだ馴れぬ煙草を燻らし、酒の味もろくすっぽ知らないのにスコッチをWで、話す言葉も見つけられず、ただ、ただ、彼女を眺めていた、今思い出してみると笑えるね。

その後どうなったのかはもう思い出せないが、初恋とも違う異質な感情だけは今も残っている、でもそのお姉さんの顔はもう思い出せないが・・

あの頃でもこんな行状、学校に知れたら停学ものだったけど、昼間はそこそこ真面目な高校生だった。







関連記事
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

中高年よ大志を抱け
クラーク02
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ばく

Author:ばく
獏(ばく)は、中国から日本へ伝わった伝説の生物。人の悪夢を喰って生きると言われてます。どうぞ悪夢を見た時はここに来て「この夢をばくにあげます」とコメントして下さい、そうすれば貴方は、その悪夢を二度と見ずにすむ事でしょう。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

参加してます。
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
のぞき部屋
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
言葉は力

presented by 地球の名言

         
ばくの本棚
TOEICボキャドリル