おいらの人生これから、こらから・・持病に負けず、老いにも負けず・・リタイヤ爺の独り言

千載一遇なんてくそくらえ・・・


最近漫然と出社し、皆の流れから少々外れ、淀んでいる感が否めない。

そして、淀んでいるので普段はあんまり考えないおいらにも思考の時間が出来た、とは言っても考えるほどの頭も無いが。

それでもあれやこれやと会社の事を考えてみる、どんな事を考えているのかと言うと、今更そんな事と言われるかもしれないがチャンスについてだ。

チャンスはchance、もちろん英語だ、でも英語的なものではなく、むしろ和製英語的なチャンス、辞書には機会だとか好機と出ているが、その好機の方だ。

今こうして思い返してみると、結構あの時がチャンスだったんだなぁと苦やまれる事が多々ある。

ま、過ぎたことをああだこうだと考えてもしょうがないのでサラリと忘れる事にして、前向きに考える事にしよう。

チャンスはいつ訪れるんだろう、この先大した長くもない人生の中でいったいどれくらいのチャンスが訪れるのだろう・・

ちょっと待てよ、しからばチャンスっていったい何だろう、あんな事だろか、こんな事だろか、もしあんな事やこんな事がチャンスならば、今この時でも目の前にゴロゴロ転がっているこれはみんなチャンスではないか!!

さすればそのチャンスは誰にでも手にする事が出来る訳で、そして例外なくおいらにも・・、チャンスは年齢で分け隔てはしないのだ、と思う・・

んで、だとしたらおいらは今、何をしなければならないのか、もちろんそのチャンスを受け入れる準備だ、かの有名なパスツールもこう言っておる、「チャンスは準備のできていない人には見えないのだ」、この解釈はおいらなりのだけど、「偶然は準備のできていない人を助けない」こちらがホント。

ちなみにこのパスツール先生は狂犬病のワクチンを作った事で有名だが、おいらの業界とも非常に密接な関係がある、其れは低温殺菌法の開発者でもあると言う事だ。

このままいくと思いっきり話が逸れてしまいそうなので元に戻すが、ようするにそこにあるチャンスをものにする為に常に準備を怠るなかれ、これだな今のおいらに必要なことは、それからもう一つ、小さな事でもチャンスはチャンス、その小さなチャンスも百個集まればビッグチャンスになる、きっとなる。

京セラ創業者の稲森ちゃんも何かの本でこんなこと言ってた、「チャンスメーカーと言う言葉はありますが、チャンスキャッチャーとは言わない」、チャンスは創るものなんです。

何兆円もの仕事をこなしてきた人の言葉はやはり深いなぁ。

ま、とりあえず頑張ってみるか・・・

なんかしり切れとんぼみたいだけど、今日はこれまでだな、じじばばスマホにメールが・・

「急だけどみんな集まるって!」-美香-

ほんと急すぎる!!
でも行く・・・
久々の夜の会議だし・・



大きなチャンスが、まさに今あなたのいる場所にころがっているのかもしれません。
・・・ナポレオン・ボナパルト・・・











関連記事
コメント
バーソさん

こんちは~

よくもまぁこじこじと、知性と教養のバーソさんならではの成せる技・・
ところで一昨日の会議で年甲斐もなくボトル1本空けまして
貴重なチャンスを逸しました
やはりチャンスをものにするには周到な準備と節制が・・
残念!!
2014/02/26(水) 15:07 | URL | ばく #-[ コメントの編集]
愛新覚羅さん

こんちは~

ピンチはチャンスみたいな言葉もありましたねぇ
こう見えてもリスクはしっかりしょってます。
しょい過ぎてイカみたいな、なで肩になっております(笑)
ま、お互い頑張ってチャンス拾いに励みませうか。
2014/02/26(水) 14:51 | URL | ばく #-[ コメントの編集]
こんにちは
ch a n ceって、クアンス、食わんす、って読めませんか。
おいしい料理は誰にも公平に出てくる。
しかし、食わず嫌いがあれば、せっかくのおいしい機会を逃してしまう。
(これ、「chance」で無理に考えた話ですが(笑)

昔、長嶋選手は三遊間にゴロが来ると、ショートのほうまで出っ張って、
球を取り、いつもかっこよく一塁に投げていた、と解説者が言ってました。
普通のゴロでも自分が目立つチャンスにしたようです。
天覧試合でホームランを打ったり・・・ヒーローになる人は違いますね。
(これ、「ゴロゴロ転がっている」でやっと考えた話ですが(笑)

「ま、とりあえず頑張ってみるか・・・」。
これでよろしいのじゃないでしょうか。
「チャンスは年齢で分け隔てはしない」と認識しておられるようですし。(*^^)v
2014/02/25(火) 10:22 | URL | ☆バーソ☆ #-[ コメントの編集]
チャンス
バク様
こんばんは。

チャンスメーカーとはいうがチャンスキャッチャーという言葉はないですか。
いい言葉だと思います。
チャンスの大きさもその人のとらえかたの問題でしょう。
リスクの大きさによっても変わってきますね。
バク様のような経営者は全体を考えなくてはならないので大きな
リスクはしょえませんね。ある意味可愛そうかも知れません。
しかし若い人がリスクを恐れるのは許せません。若人頑張れ!
年金で食わしてくれ!

愛新覚羅
2014/02/24(月) 20:03 | URL | aishinkakura #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

中高年よ大志を抱け
クラーク02
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ばく

Author:ばく
獏(ばく)は、中国から日本へ伝わった伝説の生物。人の悪夢を喰って生きると言われてます。どうぞ悪夢を見た時はここに来て「この夢をばくにあげます」とコメントして下さい、そうすれば貴方は、その悪夢を二度と見ずにすむ事でしょう。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

参加してます。
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
のぞき部屋
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
言葉は力

presented by 地球の名言

         
ばくの本棚
TOEICボキャドリル