おいらの人生これから、こらから・・持病に負けず、老いにも負けず・・リタイヤ爺の独り言

デッセンバー・ブルー


2014年も残すところあとわずか、カレンダーには天皇様のハッピーバースデーな赤丸が、世間は普通にお休みの模様、でも悲しき零細企業にはそんな暇はない、もう全員出勤で、てんてこ舞いの忙しさだ。

そんな中40年間のお勤めを全て終わらせ一人静かに淀んでいる老兵がいる・・おいらだ・・

ここにきてなんかすごーくリタイヤ感が沸々と沸いてきた、24歳の春からハーメルンの笛吹き男よろしく、笑われながらでも笛を吹きながら皆の先頭に立って歩んできた、そして今、洞窟の入り口が目の前に、おとぎ話では130人の子供と笛吹き男がその穴に入って行くのだが、今回は笛吹き男だけ。

疎外感というものはある日突然やってくる、そしてその疎外感こそが任務を全うした老兵が味わう至極の喜びなのだ。

と、本当はそう感じたいのよ、そう感じるつもりだったのよ、でもここに来て大した頭も使わず、ケセラセラ的に流れてきた社長さんにとって、達成感も仕事を全うした感も無いわけで、そうかといって、まだまだ頑張るぞーみたいな気力もあるわけでもなくて、この年の瀬にちょいと退屈気味で・・・

今、64歳の爺の心は揺れている。

ただし震度2ぐらいで・・・





関連記事
コメント
バーソさん
おはようございます。

正直今は来年早々のチカ釣り旅行や
沖縄でのゴルフのことで頭の中は一杯でございます。
いや本当、年末にこんなのんびりとした気分で過ごせるのは40年ぶりかも(笑)
贅沢、贅沢、贅沢。そう言われれば本当贅沢かもしれません。
でも、今朝も4時に出社しております、
暫くはパブロフの犬と呼んでください。
2014/12/26(金) 07:18 | URL | ばく #-[ コメントの編集]
愛新覚羅さん
おはようございなす。

只今完全脱出のためのマニュアル作りに精を出しております。
I Shall Returnな気持ちはさらさらございませんが
戦後の何かにの機会で、マッカーサーが日本は12歳の少年であると言ったとか
その言葉を引用すれば、我が社はまだ12歳の少年である・・
すなわち、これからまだまだ変われる要素は未知数であり、
どんどん成長していけるものと考えております。
そんな船から降りることに一抹の寂しさはありますが、悔いはございません。
なんちゃって・・

2014/12/26(金) 07:01 | URL | ばく #-[ コメントの編集]
おはようございます
「任務を全うした老兵が味わう至極の喜び」
おお、かっこいい。真似できない。
こんな言葉が頭の中に浮かぶだけでもたいしたものです。
でも「達成感も仕事を全うした感も無い」というのは、
「疎外感」が無いからじゃないですか。

人間関係もよし。仕事関係もよし。たいした悩みもなし。
素晴らしい。

なのに、なんですか。「退屈気味」?。
まあー、贅沢、贅沢、贅沢。そう、贅沢は素敵です。(笑)
ちなみに私の場合は、I Shall Return に not が入ってます。
2014/12/24(水) 09:37 | URL | ☆バーソ☆ #JyN/eAqk[ コメントの編集]
マッカーサー語録
バク様
こんばんは。

「老兵は死なず、ただ消え去るのみ」ダグラス・マッカーサーですね。
格好いい言葉です。
バーソ様もひっそりと抜け出してください。
I Shall Return にならないように。

愛新覚羅
2014/12/23(火) 19:35 | URL | aishinkakura #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

中高年よ大志を抱け
クラーク02
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ばく

Author:ばく
獏(ばく)は、中国から日本へ伝わった伝説の生物。人の悪夢を喰って生きると言われてます。どうぞ悪夢を見た時はここに来て「この夢をばくにあげます」とコメントして下さい、そうすれば貴方は、その悪夢を二度と見ずにすむ事でしょう。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

参加してます。
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
のぞき部屋
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
言葉は力

presented by 地球の名言

         
ばくの本棚
TOEICボキャドリル