おいらの人生これから、こらから・・持病に負けず、老いにも負けず・・リタイヤ爺の独り言

入院は夏に延期


帰ってきました。

社長職を息子に譲り早四か月、気のゆるみというか、元々廃車寸前のわが身であったということか・・・

昔元気の良かった頃の清美ちゃんに言わせれば「あなたはねぇ、病気のデパートやん」と宗男ちゃんみたいに罵られること間違いなし、な、ぐらいに次から次と病気ラッシュ。

ここ2カ月間でお世話になったところ、皮膚科、耳鼻咽頭科、形成外科、リウマチ科、そして内科。

この予算をゴルフ代に回したらもう8ラウンドは回っている勘定だ。

そんなひん死の状態の中で、本来社長が行くべき韓国出張が、急な事情で行けなくなり、急遽会長のおいらにお鉢が回ってきた。

2泊3日の強行軍、其れも千歳から釜山へ直行、あとは現地の招待会社社員の運転する乗用でとりあえずホテルへ、夕食会を別席にて設けていただいたのだが、只今おいら糖尿治療の身、酒ダメ、ちぢみダメ、ビビンバダメ、そんな事情を話すと奴さん、カルビとケジャンと鮪の刺身と気を利かしてくれるのだが、マッコリ無しの肉と刺身はさすがに辛い、それじゃあチャミスルでもと思ったのだがこちらの焼酎は結構オリゴ糖で甘くしてあるので却下、結局ウイスキーでと言う事で話は収まったのだが、そういえば昔ソウルのカラオケで女子、男子入り乱れて酒を飲んだ時、トルネード合戦をやったことがあった、トルネードとはウイスキーとビールを入れたグラスに紙ナプキンを被せ勢いよく回転させ互いに一気飲みするのである、そして被せてあった濡れたナプキンを天井や壁に投げ、ビタビタとくっつけるのである、若く元気だったあの頃、そんなことして夜の明けるまで騒いだものだった、それに比べて平成27年度のおいらは何とも情けない・・・。

翌日からはお仕事で昔お邪魔した馬山方面へ、釜山もちょいと離れると笑ってこらえて韓国列島 ダーツの旅的な、なぁーんもない所がけっこうある、馬山市自体は昔の面影がないぐらい都市化していた。
でもクライアントの工場はそこからずーと奥まった田舎町にあるのでまだまだあの頃の面影を残していた。

あっちこっち連れまわされ、体の調子は案の定よろしくないので夜はホテルにこもり、あっちの元気もノーチャージ、で、女子のサービスもご遠慮して・・・

元気だったらゴルフも楽しみたかったのに、久々の韓国なのに昼の観光も夜の観光もご遠慮、あちらさんもこんな経費の掛からない客は初めてだったことだろう。

兎に角息も絶え絶えに帰って来た、今週マイゴルフ場がオープンした、なんたって非常勤会長、会社はもうおいらを必要としていないし平日も堂々と休める、と言う事で明日予約を入れてある、果たして球は飛んでくれるだろうか、それだけが問題だ・・・

その前に今日はこれから病院じゃ。






関連記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

中高年よ大志を抱け
クラーク02
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ばく

Author:ばく
獏(ばく)は、中国から日本へ伝わった伝説の生物。人の悪夢を喰って生きると言われてます。どうぞ悪夢を見た時はここに来て「この夢をばくにあげます」とコメントして下さい、そうすれば貴方は、その悪夢を二度と見ずにすむ事でしょう。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

参加してます。
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
のぞき部屋
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
言葉は力

presented by 地球の名言

         
ばくの本棚
TOEICボキャドリル