おいらの人生これから、こらから・・持病に負けず、老いにも負けず・・リタイヤ爺の独り言

花をもたせる


昨日、朝から渋っていたお空も、お昼時にはお天道様が顔をだし、珍しく会社のディスクにへばり付いていたおいらは、おもむろにジジババ携帯を取り出し緊急コール、「いいお天気ですねぇ」・・

ラインと言うものをまだ理解しかねているおいら達夫婦は、未だにSMSでやりとり、すると「いくいく、OK〜(^^♪」と皆さんの記憶からはかなり薄れてきたとは思うが、奥方のローラちゃんはいまだに健在!!

三日に空けず通っているホームグラウンドは、二人とも最近調子が良くない、で、今日は100を切るぞ〜との合言葉をかけあい、ちょいと簡単な河川敷のコースへ、このコース河川敷なだけあってどのホールもほぼ平ら、ましてやドックレッグも無くハザードも割と少ない。

昼からの緊急予約だったので、スタートぎりぎりに受付を済ませる、外ではもうカートがスタンバイ、で、ドライバーもグリーンでの練習もする暇なくインからスタート。

まだ若いとは言えオーバー還暦な二人、アイドリング無しのプレーでは球もへそを曲げる、雨上がりのラフ、芝生も草もここぞとばかりに勢いづいて我々の行く手を妨げる、増してや平日の午後、お客はどっさりいるのにもうコース整備が入っている、で、グリーンはほとんどサブグリーン、おいらまだそんなに色々な所には行っていないので、あーだ、こーだとは言えないが、ここのサブグリーンは取って付けたような造りで、思いっきり小っちゃい・・

そんなんで、ハーフを回り終えた時点でおいら52、奥方はなんと56!!・・・で、彼女のご機嫌のほうも斜め48度!!。

それでも若い二人はめげない、拳と拳をガツンと合わせ後半アウトでの飛躍を誓う。

慎重に欲を出さず真っ直ぐ真っ直ぐにと呪文のように唱えながら、体も関節も和らいできた二人は先ほどのsinな波形走行とはうって変わり、手入れが行き届いたフェアウエイをひたすら真っ直ぐに・・

奥方のご機嫌も回復し、残すはあと1ホール、この時点でおいらは40、奥方はなんと38、18番ホールはパー4、と言う事はトリプル、奥方はボギーで上がればギリ100切だ。

ここ一番と言うシチュエーションでは、奥方の集中力はおいらのそれを数段上回る、奥方ピリッと、おいらへらへら。

そして最終ホール、奥方は3オン、おいらはちょいと寄り道をしてなんと5オン!!、二人とも2パットで目標ギリ達成だ、でも奥方の球はグリーンエッジぎりぎりの10m、おいらは余裕の3m・・

空を見上げた、はぐれ雲が気持ちよさそうに漂っている、カラーーン、なんと心地のいい音だろう。

奴さんおいらがお空を見上げている隙に1パットで入れやがった、お前はイボミか!!

どうじゃみたいなドヤ顔で、悠々とグリーンに立つ奴、余裕の表れなのか優しさなのか、おいらがかまえるとカップ半分だとか三分の二くらいでとか、にわかにお節介なキャディーに変身。

いらない、いらないそんなアシスト、自らラインを読み、己を信じて打ち出す、そしてそこで得られる達成感、己の己による己のための一打!!それこそが僕のゴルフに対するポリシー!!

でもそんな事はおくびにも出さず俄かキャディー様のご指導通りに、でも本当は己の見極めたラインで、ふふ・・

でも、おいらの球、奥方の視線に敵意を読み取ったのか、カップを横目に見ながらツーーーーーと・・

カップ60センチ、普段ならOK(^^♪って声がかかるのに、奥方「まだまだ!」みたいな顔して、おいらの哀願の眼差しをスルー・・・

そしておいらの思いと同化して、おいらの球はぐれだした、今どきの朝の番組に出てくる、ぐれ球だ、ちょっと違うかもしれないけど・・

結局二人で立てた目標は、おいらの自滅によりローリエの冠は奥方だけに、優しいおいらの事、今回も奥方に花をもたせることとなった。


花をもたせると言えば、おいら今までにお得意様だとか部下だとか、その他エトセトラな人たちにも花を持たせてきた、でもそんな日陰な脇役的な自分を憂いでいるわけではない、それよりもそんな自分の事が結構好きだったりしている。

で、それは見返りを求めての行為とか下心とか言うのではなく、おいらの真心と言うか、なんていうか・・

で、そんな自分がこの歳になって評価されてきたのか、今のおいら、逆にみんなから花を持たされている感が・・・

それもこんなのだとか

sweet-mixberry_rousoku_5.jpg


菊系だったりとか・・

MB21C-7.jpg







関連記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

中高年よ大志を抱け
クラーク02
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ばく

Author:ばく
獏(ばく)は、中国から日本へ伝わった伝説の生物。人の悪夢を喰って生きると言われてます。どうぞ悪夢を見た時はここに来て「この夢をばくにあげます」とコメントして下さい、そうすれば貴方は、その悪夢を二度と見ずにすむ事でしょう。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

参加してます。
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
のぞき部屋
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
言葉は力

presented by 地球の名言

         
ばくの本棚
TOEICボキャドリル