FC2ブログ
おいらの人生これから、こらから・・持病に負けず、老いにも負けず・・リタイヤ爺の独り言

なさけない体


朝7時事務所はまだ誰もいない、外はいい天気、今日もゴルフが出来るな、などと考えながらまったりモーニングコーヒーをすする。

すると早朝出勤のTさんから電話が、出勤途中路肩に軽が転がっている、降りて見てみると、どうもドライバーの出た形跡がない、窓から中を覗うと兄ちゃんがシートベルトをしたままぐったりと、呼んでも応答がなく、ドアも開けられないので引きずり出すこともできない、ので、警察に連絡、お巡りさん現場に急行するのでちょいとそれまでいてほしい、そんなわけで少々出社が遅れると・・

現場までは車で5分、最近デンジャラスな出来事に遭遇していないおいら、居ても立っても居られない、即現場に急行、で、お巡りさんより早く到着、現場にはTさんだけ、本来なら直ぐに車をこじ開け救出作戦に移る所だが、男一人に路肩から降りることもできない軟弱な老人とではちょいと無理。

P1000874.jpg


でもでも、ピクリとも動かないお兄ちゃん、もはや一刻一秒を争う事態なのかも、素早い処置で助かる命、ああこの事態にどうすることも出来ないこの軟弱な体がうらめしい・・

でもでも、これから時代をしょって立つこの若者の命が助かるのなら、おいらの体がなんては言っていられない、さあ頑張るんだ、I can do it・!!

P1000875.jpg


と、思った矢先にパトカーが到着、その後ろには救急車も、救急隊員が迅速な行動で車にかけ上りドアを開け要救助者の生存を確認、そして無線機にて本部に連絡「要救助者の意識レベル10、車からの搬出は人手が足りず出来ないので応援を要請」みたいな事を言っておる、とりあえずお兄ちゃんは生きていた、ほっ!!

P1000876.jpg


そして直ぐに消防車が来た、いや消防車では無く救助工作車だ、現場が慌ただしくなってきたので、結局野次馬だったおいらは立ち去ることに。

帰って意識レベル10をググッてみた、
意識レベル10・「普通の呼びかけで、容易に開眼する。」

帰りぎわ、救急隊員が首のコルセットを持っているのが見えたけど・・
お兄ちゃん、大事にならないことを祈る。




関連記事
フリーエリア
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

中高年よ大志を抱け
クラーク02
プロフィール

ばく

Author:ばく
獏(ばく)は、中国から日本へ伝わった伝説の生物。人の悪夢を喰って生きると言われてます。どうぞ悪夢を見た時はここに来て「この夢をばくにあげます」とコメントして下さい、そうすれば貴方は、その悪夢を二度と見ずにすむ事でしょう。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

参加してます。
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
のぞき部屋
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
言葉は力

presented by 地球の名言

         
ばくの本棚