おいらの人生これから、こらから・・持病に負けず、老いにも負けず・・リタイヤ爺の独り言

プリズンホテル・はまります。


先月末から本がどんどん届いている。

昨年12月からマイブームは読書、それも泣ける小説シリーズだ。

第一弾の10冊余りの泣け本は、年を越さずに読み切り正月早々第二弾と言う事で12冊をいつものAmazonで購入、これも又4月を待たずに読み終えた。

そして又々、泣け本シリーズ第三弾を発注、今回は泣けるor感動をキーワードに絞り込み、尚且つリーズナブルな1円本を集めた、1円本なら送料が250円なので一冊251円で頂ける、と言う事は10冊で2510円、ゴルフならハーフの料金にも満たない、それで裕に一か月は楽しめる、単行本なのでちっこいポイント文字もあるが安さには代えられない。

今回注文したのは、

その時までサヨナラ 山田 悠介 

償い 矢口敦子

青空のむこう アレックス シアラー

つばさものがたり 雫井 脩介

MOMENT 本田孝好

プリズンホテル(夏) 浅田次郎

プリズンホテル(秋) 浅田次郎

プリズンホテル(冬) 浅田次郎

プリズンホテル(春) 浅田次郎

天国までの百マイル 浅田 次郎

椿山課長の七日間 浅田 次郎

明日の子供たち 有川浩

海賊とよばれた男 百田尚樹

出口のない海 横山 秀夫

幼年期の終わり アーサー・C・クラーク  福島正実訳

一瞬の風になれ2 佐藤多佳子

一瞬の風になれ3 佐藤多佳子

いつか棺桶はやってくる 藤谷治

疾走 上 重松 清

疾走 下 重松 清


今回はちょいとはりきって購入してしまったのだけど、さて困った、今までは暇を持て余しての読書だったのだが、ゴルフシーズンがやって来た、で、昼間張り切りすぎて夜の読書までは眼が持たないのではないか、本を開いたとたん睡魔に襲われ、去年もそうだったように、居間のソファーで行き倒れ状態の日々が訪れるのでは。

そうなると、これを完読するにはこの本たちの賞味期限がもたないのでは、いや心配は無いもうとっくに賞味期限切れの1円本ばかりだ、晴耕雨読と言う言葉もある、だから焦ることはない、晴れの日はゴルフ場を耕し、雨の降る日は一日中、本を読もう。



20160405_112415.jpg






関連記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

中高年よ大志を抱け
クラーク02
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

ばく

Author:ばく
獏(ばく)は、中国から日本へ伝わった伝説の生物。人の悪夢を喰って生きると言われてます。どうぞ悪夢を見た時はここに来て「この夢をばくにあげます」とコメントして下さい、そうすれば貴方は、その悪夢を二度と見ずにすむ事でしょう。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

参加してます。
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
のぞき部屋
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
言葉は力

presented by 地球の名言

         
ばくの本棚
TOEICボキャドリル